ソースファイル設定ページ(パックライブラリプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

パックライブラリプロパティダイアログボックスにあるこのページを使用し、パックプロジェクトライブラリに含まれるファイルとフォルダの出力先およびプロパティを編集します。 このオプションは、プロジェクトファイルツリーで選択された項目でサポートされている場合にのみ有効です。 依存項目の下にあるすべてのファイルに設定を適用できますが、依存項目のファイルごとに設定を適用することはできません。 個々のファイルに設定を適用するには、それらをLabVIEWプロジェクトに追加する必要があります。

依存項目またはフォルダを選択した場合には、このページに以下のコンポーネントが表示されます。

フォルダまたは依存項目を選択したときに表示されるコンポーネント

  • フォルダの項目すべてに対して出力先を設定
    • パックプロジェクトライブラリおよび共有ライブラリの出力先を設定依存項目を選択した場合にのみ表示されます。
  • フォルダの項目すべてにVIプロパティを設定
  • フォルダの項目すべてに保存設定を適用
  • フォルダの項目すべてに対してパスワードを設定
  • フォルダの項目すべてに接頭辞を適用

常に表示されるコンポーネント

  • プロジェクトファイルプロジェクトエクスプローラウィンドウのマイコンピュータなどのターゲットの下に項目のツリービューを表示します。
  • 包含タイプ—項目がビルドにどのように追加されるかを表示します。 このオプションは、ソースファイルページで選択した包含タイプに一致します。 たとえば、ソースファイルページの常に含むリストボックスのVIは、常に含むとして表示されます。 値を変更するには、ソースファイルページに戻り、常に含むリストボックスから項目を削除します。
    メモ LabVIEWはパックライブラリにトップレベルライブラリの依存項目を含めますが、依存項目はビルドとエクスポートされずパックライブラリで表示されません。
    • 常に含む―項目をビルドに追加します。 プロジェクトファイルリストで選択したVIがプライベートまたはコミュニティVIの場合、VIは常に含むになります。 ソースファイルページでトップレベルライブラリとして選択した.lvlibファイルは、常に含むになります。
    • エクスポートVI―項目をビルドに追加します。 プロジェクトファイルリストで選択したVIがパブリックVIの場合、VIはエクスポートVIになります。
    • 参照された場合、含む―他の項目によって参照されている項目だけをビルドに追加します。
  • フォルダの項目すべてに対して出力先を設定プロジェクトファイルツリーでフォルダを選択すると表示されます。 選択されたフォルダにある項目の出力先ディレクトリを設定する場合、チェックボックスをオンにします。
    メモ LabVIEWは発呼者と同じに設定されている項目は、発呼者のディレクトリに配置されます。 項目を発呼者と同じに設定し、2つの発呼者が異なるディレクトリに存在する場合、LabVIEWはその項目をビルドと同じディレクトリに配置します。
    • パックプロジェクトライブラリおよび共有ライブラリの出力先を設定依存項目を選択した場合にのみ表示されます。
  • 出力先—選択された項目の出力先を設定します。 出力先プルダウンメニューの中の名前は、出力先ページにある出力先ラベルテキストボックスのオプションに対応します。 デフォルトの出力先は発呼者と同じで、LabVIEWは発呼者と同じ出力先に項目を配置します。 ソースファイルページでトップレベルライブラリとして選択したエクスポートVIまたは.lvlibファイルは、出力先を設定できません。
  • フォルダの項目すべてにVIプロパティを設定プロジェクトファイルツリーでフォルダを選択すると表示されます。 選択したフォルダにある項目のVIプロパティを設定するには、このチェックボックスをオンにします。 チェックボックスをオンにすると、VIプロパティをカスタマイズボタンが有効になります。
  • VIプロパティをカスタマイズVIプロパティダイアログボックスを表示 このダイアログボックスで、選択したVIのプロパティを指定します。 デフォルトでは、そのVIのプロパティ設定が表示されます。 VIプロパティダイアログボックスの設定は、ウィンドウの外観をカスタマイズダイアログボックスのすべての設定よりも優先されます。 このオプションは、VI以外の項目ではグレー表示になります。
  • フォルダの項目すべてに保存設定を適用プロジェクトファイルツリーでフォルダを選択すると表示されます。 選択したフォルダにある項目に対して保存設定を適用するには、このチェックボックスをオンにします。
  • デフォルトの保存設定を使用—VIをデフォルトの保存設定で保存します。 ソースファイルページでトップレベルライブラリ内のプロジェクトに追加するVI、および常に含むリストボックスに追加するVIのデフォルトの保存設定では、ブロックダイアグラムが削除されます。 その他すべてのVIのデフォルトの保存設定は、ブロックダイアグラムおよびフロントパネルを削除します。 このチェックボックスをオフにして、プロジェクトファイルツリーで選択する各項目のデフォルト設定を変更します。
    • フロントパネルを削除—ビルドのVIからフロントパネルを削除します。 フロントパネルを削除すると、アプリケーションまたは共有ライブラリのサイズが縮小されます。 はいを選択するとフロントパネルが削除されますが、フロントパネルを参照するプロパティノードやインボークノードはソース配布の動作に影響するエラーを返す場合があります。 このオプションは、デフォルトの保存設定を使用チェックボックスをオフにすると有効になります。
      メモ フロントパネルを削除チェックボックスをオンにした後でVIを実行メソッドを実行すると、VIを実行メソッドはエラー1013を返します。
    • ブロックダイアグラムを削除—ビルドのVIからブロックダイアグラムを削除します。 このオプションは、フロントパネルを削除チェックボックスをオフにすると有効になります。 フロントパネルを削除すると、ブロックダイアグラムも削除されます。 したがって、フロントパネルを削除チェックボックスをオンにすると、ブロックダイアグラムを削除チェックボックスも自動的にオンになります。
  • フォルダの項目すべてに対してパスワードを設定プロジェクトファイルツリーでフォルダを選択すると表示されます。 選択したフォルダの項目にパスワードを設定するには、このチェックボックスをオンにします。
  • パスワード変更なし—ビルドでVIを使用する場合、パスワードのプロンプトを表示しないことを指定します。 LabVIEWは、VIに前回適用されたパスワードの変更または適用も実行しません。
  • パスワードを削除—VIまたはライブラリにすでに適用されているパスワードを削除します。 ビルドを作成中、LabVIEWはパスワードを削除する前に現在のパスワードを入力するようにプロンプトします。
    メモ   パスワードで保護されたVIを含むソース配布をプログラム的に作成する場合、LabVIEWはVIパスワードの入力を求めずにソース配布を作成します。
  • 新しいパスワードを使用—テキストボックスに入力する新しいパスワードをVIまたはライブラリに適用します。 ビルドを作成中、LabVIEWはパスワードを適用する前に現在のパスワードを入力するようにプロンプトします。 新しいパスワードを使用オプションの下のテキストボックスにパスワードを入力します。
  • ビルドで別のファイル名を使用プロジェクトファイルリストでファイルを選択すると表示されます。 選択したファイルの名前を変更します。 ファイルの新しい名前をテキストボックスに入力します。
    メモ ソースファイルページでトップレベルライブラリとして選択した.lvlibファイルの名前は変更できません。
  • フォルダの項目すべてに接頭辞を適用プロジェクトファイルツリーでフォルダを選択すると表示されます。 チェックボックスをオンにしてテキストボックスに接頭辞を入力し、フォルダのすべての項目の既存の名前に接頭辞を追加します。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった