変数ページ(シェア変数プロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム (Windows)

シェア変数プロパティダイアログボックスとこのページを表示するには、LabVIEWプロジェクトライブラリまたはライブラリ内のフォルダを右クリックし、ショートカットメニューから新規→変数を選択するか、既存のシェア変数を右クリックして、ショートカットメニューからプロパティを選択します。

このページでは、シェア変数の基本的なオプションを設定します。 また、変数リファレンスプロパティを変数プロパティとともに使用してシェア変数をプログラム的に構成できます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 名前—シェア変数の名前を指定します。
  • 変数タイプ—シェア変数の範囲を指定します。 シェア変数をネットワーク全体で共有するには、ドロップダウンリストからネットワークで共有を選択します。 シェア変数をローカルコンピュータにあるVI間で共有するには、プルダウンメニューから単一プロセスを選択します。 インストールしたLabVIEWモジュールおよびツールキットによっては、シェア変数タイプ、構成オプション、および制限が追加される場合もあります。 製品がシェア変数に追加するシェア変数のタイプ、構成オプション、および制限の詳細については、LabVIEWモジュールおよびツールキットのドキュメントを参照してください。
  • データタイプ—シェア変数のデータタイプを指定します。 シェア変数のデータタイプとしてカスタム制御器やタイプ定義を使用するには、カスタム制御器からを選択してパスを入力するか、カスタムタイプの制御器を参照します。 選択するデータタイプは、プルダウンメニューの下のフィールドに表示されます。 インストールしたLabVIEWモジュールとツールキットは、追加のシェア変数データタイプを提供する場合があります。 製品がLabVIEWに追加するシェア変数のタイプの詳細については、LabVIEWモジュールおよびツールキットのドキュメントを参照してください。
    • タイプ定義から切断—シェア変数と、そのデータタイプを定義しているタイプ定義のリンクを解除します。 このボタンをクリックすると、タイプ定義の更新内容がシェア変数に反映されません。 このボタンは、データタイププルダウンメニューからカスタム制御器からを選択し、シェア変数のデータタイプとしてタイプ定義制御器を選択した場合にのみ表示されます。
  • 固定小数点を構成固定小数点を構成ダイアログボックスを表示します。 このボタンは、データタイププルダウンメニューから固定小数点を選択した場合にのみ表示されます。
  • ネットワーク共有を有効—ネットワークでシェア変数データを共有するかどうかを指定します。 このオプションは、ネットワークで共有されるシェア変数に対して常に有効です。
  • タイムスタンプ有効—単一プロセスのシェア変数がデータを読み取るたびにタイムスタンプの値を記録するかどうかを指定します。 シェア変数のタイムスタンプ情報を参照し、タイムスタンプ出力出力をシェア変数ノードに追加するには、シェア変数ノードを右クリックして、ショートカットメニューからタイムスタンプを表示を選択します。 タイムスタンプ有効コンポーネントは、単一プロセスのシェア変数のみで使用できます。 このタイムスタンプは、他のタイプのシェア変数に対して常に有効です。
  • エイリアスを有効—アクティブプロジェクトにある既存のシェア変数、別のプロジェクトにある既存のシェア変数、またはネットワーク上のNI Publish-Subscribe Protocol(NI-PSP)データ項目にシェア変数をバインドします。 このコンポーネントは、ネットワークで共有されたシェア変数のみで使用できます。
    • バインド先:—シェア変数をプロジェクト内の既存のシェア変数にバインドするか、ネットワーク上のNI Publish-Subscribe Protocol(NIパブリッシュ-サブスクライブプロトコル)データ項目にバインドするかを指定します。
    • パス—構成中のシェア変数をバインドするシェア変数またはデータ項目のパスを指定します。 NI Publish-Subscribe Protocol(NI-PSP)データ項目へのパスは、コンピュータ名とデータ項目が属するプロセス名とデータ項目名(\\computer\process\data_item)から構成されます。
    • 参照—制御器をバインドするネットワーク上のシェア変数またはデータ項目を参照する変数を参照ダイアログボックスを表示します。
    • アクセスタイプ—シェア変数がデータを書き込むか読み込むかを設定します。 読み取り専用または書き込み専用に設定すると、読み取り専用または書き込み専用に構成されたシェア変数を作成できます。 読み取りまたは書き込み専用のソースにバインドされたシェア変数を右クリックすると、LabVIEWはショートカットメニューにある書き込みに変更および読み取りに変更オプションを無効にします。
  • 方向ユーザ定義I/O変数のデータ転送方向を指定します。 このオプションは、ユーザ定義I/O変数のみに使用できます。
メモ シェア変数の作成、構成、ホスティングは、LabVIEW Real TimeモジュールがインストールされたWindowsシステムまたRTターゲットでのみ可能です。 DataSocket VIおよび関数を使用すると、他のプラットフォームからシェア変数の読み書きを行えます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった