バージョン情報ページ(インストーラプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

インストーラプロパティダイアログボックスのこのページを使用して、インストーラのバージョン、ダイアログボックス設定、会社情報を入力します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 製品バージョン—現在のソフトウェアのバージョン番号を指定します。 インストーラはこの番号を使用して、現在のインストールバージョンとアップグレードのチェックを行います。 従来のインストーラを上書きできるインストーラのアップグレードバージョンを作成する場合、バージョン番号を増分する必要があります。 製品バージョンは[ProductVersion] Microsoft インストーラ(MSI)プロパティに対応します。 インストーラのバージョン情報をプログラム的に返すには「ビルド仕様バージョンを取得」VIを使用し、設定するには「ビルド仕様バージョンを設定」VIを使用します。 インストーラに含まれている(または返される)情報は、メジャー、マイナー、および修正バージョン番号のみです。
  • 製品バージョンの自動増分—インストーラを作成するたびに製品バージョン番号を自動的に増分します。
    メモ プロジェクトを次回開いた際、LabVIEWが番号を自動的に増分するように、ビルド作成後は必ずプロジェクトを保存してください。
  • 会社名—Windowsのプログラムの追加と削除ダイアログボックスの製品リストに表示する会社名を指定します。 このオプションは[Manufacturer] Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに一致します。
  • URL—Windowsのプログラムの追加と削除ダイアログボックスの製品リストに表示する会社のウェブサイトを指定します。 製品バージョンは[ARPHELPLINK] Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに一致します。
  • 連絡先—Windowsのプログラムの追加と削除ダイアログボックスの製品リストに表示する会社の連絡先情報を指定します。 製品バージョンは[ARPCONTACT] Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに一致します。
  • 電話番号—Windowsのプログラムの追加と削除ダイアログボックスの製品リストに表示する会社の電話番号を指定します。 製品バージョンは[ARPHELPTELEPHONE] Microsoftインストーラ(MSI)プロパティに一致します。
  • アップグレードコード—インストーラを識別するためにWindowsが使用するアップグレードコードを指定します。 インストーラを複製する際に、新しいインストーラが複製したインストーラを置き換えないようにするには、新しいアップグレードコードを生成します。 インストーラをアップグレードしたい場合、アップグレードコードを変更しないでください。
  • 生成アップグレードコードテキストボックスに新規のアップグレードコードを任意に生成します。 新規のインストーラが以前のバージョンを置き換えないようにするには、生成ボタンをクリックします。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった