LLBマネージャウィンドウ



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このウィンドウを表示するには、ツール→LLBマネージャを選択します。 (Windows) また、Windowsエクスプローラで.llbファイルをダブルクリックして、このウィンドウを表示することもできます。

このウィンドウでは、LLBにあるファイルをコピー、名前変更、削除できます。 また、このウィンドウを使用して、新規LLBおよびディレクトリの作成と、LLBからディレクトリへの変換ディレクトリからLLBへの変換を実行します。 ファイルリストで項目を右クリックすると表示されるショートカットメニューで、その項目を開いたり、切り取り、コピー、削除、名前変更ができます。 このショートカットから、ファイルをLLBの最上位へ、または最上位から移動することもできます。

注意 LLBマネージャでの変更を取り消すことはできません。

LLBにファイルを追加するには、ファイル→保存を選択して、新規または既存のLLBにファイルを保存します。

このウィンドウには以下のコンポーネントが含まれます。

  • 戻る—1つ前のディレクトリを表示します。
  • —1つ上のディレクトリへ移動します。
  • 新規ディレクトリを作成—新しいディレクトリを作成します。
  • 新規LLBを作成—新しいLLBを作成します。
  • 切り取り—選択したファイルをクリップボードに移動します。
  • コピー—選択したファイルをクリップボードにコピーします。
  • 貼り付け—ファイルをクリップボードから現在のディレクトリまたはLLBへ移動します。 このボタンは、クリップボードにコンテンツがないときは無効になっています。
  • 削除—LLBから選択したファイルを完全に削除します。
  • LLBとディレクトリを変換変換するディレクトリダイアログボックスを開きます。 このボタンは、ファイルリストでディレクトリをクリックするまで無効になっています。
  • 新規LLBマネージャを開く—新しいLLBマネージャウィンドウを開きます。 複数のウィンドウ間で、ファイルをコピー、貼り付け、ドラッグすることができます。
  • ディレクトリ—現在のディレクトリまたはLLBの絶対パスを表示します。
  • ファイル—現在のディレクトリまたはLLBにあるファイルの一覧を表示します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった