ウェブサーバページ(オプションダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

このページを表示するには、ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示し、カテゴリリストからウェブサーバを選択します。

このページを使用して、リモートフロントパネルのウェブサーバを有効にしたり、ウェブサーバの構成を実行します。

メモ LabVIEWウェブサービスを使用するには、アプリケーションウェブサーバを有効にする必要があります。

メインアプリケーションインスタンスのウェブサーバオプションを構成するには、オプションダイアログボックスのこのページで設定できます。 ターゲットのウェブサーバオプションを構成するには、プロパティダイアログボックスからこのページを表示します。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • ウェブアプリケーションサーバ—このセクションからNI Web-based Configuration & Monitoringを起動できます。
  • ウェブサービスローカルデバッグ—デバッグセッション中のウェブサービスへのアクセスを構成するには、このセクションを使用します。
    メモ デバッグセッションの開始後に、これらの設定を変更しても、その変更はすぐには反映されません。 ウェブサービスがホストコンピュータで実行される場合は、LabVIEWを再起動する必要があります。 ウェブサービスがRTターゲットで実行される場合は、ターゲットを再起動してください。
    • HTTPポートとデバッグ—デバッグセッション中のウェブサービスとの通信に使用するポートを指定します。 デフォルトは8001です。
    • (Windows)デバッグ中にリモート接続を許可—オンにした場合、リモート接続しているクライアントが、デバッグセッション中にウェブサービスにアクセスすることが許可されます。 それ以外の場合、クライアントはlocalhostまたは127.0.0.1を使用してウェブサービスに接続する必要があります。 このチェックボックスはデフォルトでオンになっています。
  • リモートパネルサーバ—このセクションを使用して、リモートパネルウェブサーバを有効にします。
    • リモートパネルサーバを有効—リモートパネルウェブサーバによるフロントパネル画像のパブリッシュを可能にします。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。 変更をこのオプションに適用するには、LabVIEWを再起動する必要があります。 すべての変更は保存され、次回にLabVIEWを開いたときに表示されます。 また、ウェブサーバ:アクティブプロパティを使用して、ウェブサーバをプログラム的に有効にすることもできます。 このプロパティは、LabVIEWを再起動する必要がなくウェブサーバの状態を即座に変更します。 このプロパティを使用した変更は、LabVIEWのセッション全体で保存されず、オプションダイアログボックスのウェブサーバページに反映されません。
    • デフォルトにリセットウェブサーバ:構成ページのすべてのオプションをデフォルト値にリセットします。
    • ルートディレクトリ—ウェブサーバHTMLファイルがあるディレクトリを示します。 デフォルトパスはlabview\www です。 また、ウェブサーバ:ルートディレクトリパスプロパティを使用して、ルートディレクトリをプログラム的に指定することもできます。
    • HTTPポート—ウェブサーバが非暗号化通信用に使用するTCP/IPポートを示します。 別のサーバがすでにコンピュータ上のHTTPポートによって指定されたポートを使用しているか、または80などの予約済みのポートを使用する権限のないコンピュータを使用している場合、HTTPポートの値を使用したいポートで置き換えます。
    • リモートフロントパネルフロントパネルのリモートによる参照、制御を許可します。
    • スナップショット—ウェブサーバ上のメモリに現在存在するVIのフロントパネルのスタティックイメージを表示します。
    • SSL—ウェブサーバでSSLサポートを有効にします。
      • SSLポート—ウェブサーバがSSL暗号化通信用に使用するTCP/IPポートを示します。 HTTPポートで指定されたポートでSSLを有効にすることはできません。 暗号化通信を可能にするために、SSLポートでは固有のポートを使用する必要があります。
      • SSL証明書ファイル—ウェブサーバでSSL暗号化に使用する証明書を指定します。 デフォルトのLabVIEW自己署名証明書を使用する場合は、このコンポーネントを空にします。
      • 検出された証明書サーバアドレステキストボックスで指定したシステムで使用可能な証明書の一覧を表示します。
      • サーバアドレス—証明書を保管してあるシステムの名前またはIPアドレスを指定します。 たとえば、localhostと入力すると、ローカルシステムにある証明書を表示できます。
      • クエリサーバアドレステキストボックスで指定したシステムで使用可能な証明書をクエリします。 検出された証明書は、検出された証明書リストボックスに表示されます。
  • ログファイル—このセクションを使用して、ログファイルを有効にします。
    • ログファイルを使用—ログファイルを有効にします。 このチェックボックスは、デフォルトでオフになっています。 また、ウェブサーバ:ログ可能プロパティを使用して、ログファイルをプログラム的に有効にすることもできます。
      • ログファイルパス—LabVIEWがウェブ接続情報を保存する場所のファイルへのパスを示します。 デフォルトパスはlabview\resource\webserver\logs\access.logです。 また、ウェブサーバ:ログファイルパスプロパティを使用して、ビルトインウェブサーバがログファイルを配置する場所をプログラム的に決定することもできます。
  • 表示可能なVI—このセクションを使用して、ウェブ上で表示可能なVIのリストの構成編集を行います。

    また、ウェブサーバ:VIアクセスリストプロパティを使用してプログラム的にVIへのアクセスを許可または拒否することもできます。

    • 表示可能なVI—ウェブサーバで表示可能なVIをリストに表示します。 アクセスを許可した場合、緑色のチェックマークがエントリの左に表示され、アクセスを拒否した場合、赤いXが表示されます。 エントリの名前の横に緑色のチェックマークも赤いXも表示されていない場合は、エントリの構文が正しくないことを示します。
    • 追加表示可能なVIリストに新規のエントリを追加します。 新しい項目は表示可能なVIリスト中の選択された項目の下に表示されます。
    • 削除表示可能なVIリストから選択されたエントリを削除します。
    • 表示可能なVI表示可能なVIに表示するVIの入力を可能にします。 入力するVIの名前またはディレクトリのパスには、ワイルドカードを使用できます。 LabVIEWのプロジェクトの一部のVIを指定するには、VIのパスにプロジェクト名、プロジェクトライブラリ名、およびターゲットを含める必要があります(適用する場合)。 たとえば、ターゲットのマイ コンピュータの下のMyProject.lvprojと呼ばれるプロジェクトにMyVI.viが存在する場合、VI名をMyProject.lvproj/My Computer/MyVI.viと入力します。 VIがMyLibraryというプロジェクトライブラリによって所有されている場合、MyProject.lvproj/マイ コンピュータ/MyLibrary.lvlib:MyVI.viというように、そのパスにプロジェクトライブラリ名も追加します。 VIがプロジェクトまたはプロジェクトライブラリのどちらにもない場合は、追加情報を含めずにVI名を入力できます。
    • アクセスを許可表示可能なVIリストで選択されたVIへのアクセスを許可します。 このオプションはデフォルトで選択されています。
    • アクセスを拒否表示可能なVIリストで選択されたVIへのアクセスを拒否します。
    • 制御時間の制限 (秒)—複数のクライアントがVIの制御を待機している場合、リモートクライアントが表示可能なVIリストのVIを制御できる時間を秒単位で指定します。 デフォルトは300秒です。 デフォルトを使用チェックボックスをオンにすると、このフィールドは編集できません。
      メモ  2番目のクライアントが同じVIの制御を要求するまで、LabVIEWは特定のVIに設定された制限時間を監視しません。 別のクライアントが制御を要求すると、LabVIEWは制御の制限時間を監視し始めます。 2番目のクライアントがVIの制御を要求しない場合、最初に要求したクライアントはVIの制御権を失うことはありません。
      • デフォルトを使用制御時間の制限(秒)をデフォルト値の300秒に設定します。 このチェックボックスは、デフォルトでオンになっています。 制御時間の制限(秒)を編集するには、このチェックボックスをオフにします。
  • ブラウザアクセス—このセクションでは、ウェブサーバにアクセス可能なブラウザアドレスのリストを表示します。 このダイアログボックスを使用して、ブラウザアクセスリストエントリを追加したり、リストからエントリを削除したり、リスト項目のアクセス権限を設定したりできます。 ブラウザアクセスリストのエントリには、正しい構文を使用する必要があります。

    また、ウェブサーバ:TCP/IPアクセスリストプロパティを使用して、プログラム的にブラウザアドレスへのアクセスを許可または拒否することもできます。

    • ブラウザアクセスリスト—ウェブサーバにアクセスできるブラウザアドレスをリストに表示します。 フロントパネルの表示と制御を許可すると、2つの緑色のチェックマークが項目の左側に表示され、フロントパネルの表示を許可すると緑色のチェックマークが項目の左側に表示されます。アクセスを拒否すると、赤いXが表示されます。 エントリの名前の横に緑色のチェックマークも赤いXも表示されていない場合は、エントリの構文が正しくないことを示します。
    • 追加ブラウザアクセスリストに新規ブラウザアドレスを追加します。 新規のアドレスは、ブラウザアクセスリストで選択されたアドレスの下に表示されます。
    • 削除—選択されたブラウザアドレスをブラウザアクセスリストから削除します。
    • ブラウザアドレス—ブラウザアドレスを入力して、ブラウザアクセスリストにリストします。 入力するブラウザアドレスにワイルドカードを使用できます。
    • 表示と制御を許可ブラウザアクセスリストで選択したブラウザアドレスが、ウェブサーバにアクセスしてVIをリモートで表示および制御できるようにします。 このオプションはデフォルトで選択されています。
    • 表示を許可ブラウザアクセスリストで選択したブラウザアドレスが、ウェブサーバにアクセスしてVIとドキュメントの表示をできるようにします。
    • アクセスを拒否ブラウザアクセスリストで選択したブラウザアドレスによるウェブサーバへのアクセスを拒否します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった