ウィンドウの外観ページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューからウィンドウの外観を選択して、このページを表示します。

このページを使用して、VIのウィンドウの外観をカスタマイズします。

ウィンドウの外観プロパティのオプションは、実行時にVIに適用されます。 これらのオプションを使用して、LabVIEW機能へのアクセスの制限やウィンドウの外観や動作の変更によるアプリケーションとの対話方法を変更します。 ダイアログボックスのような機能と外観を持つVIを作成し、VIウィンドウが開いている間はユーザが他のウィンドウを操作できないように設定できます。 スクロールバーおよびツールバーを削除することもできます。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • ウィンドウタイトル—VIウィンドウのタイトルを表示します。 VI名と同じチェックボックスをオフにして、このタイトルを編集します。 また、フロントパネルウィンドウ:タイトルプロパティを使用して、VIのタイトルをプログラム的に設定するできます。
  • VI名と同じ—VIウィンドウのタイトルにVI名を使用します。
  • ウィンドウスタイル—VIウィンドウに対して以下のスタイルのうち1つを使用します。
    • トップレベルアプリケーションウィンドウ—タイトルバーとメニューバーを表示し、スクロールバーとツールバーを隠します。ユーザにウィンドウを閉じる操作とランライムショートカットメニューを許可し、サイズ変更は許可しません。呼び出された際、フロントパネルを表示します。
    • ダイアログ—このVIウィンドウが開いている間ユーザが他のLabVIEWウィンドウを操作できないように、VIはオペレーティングシステムでダイアログボックスとして機能します。 このオプションを選択しても、別のアプリケーションのウィンドウを前面に表示することは可能です。 (Linux)ウィンドウを他のすべてのウィンドウの手前に常に表示することはできません。 ダイアログスタイルのウィンドウは、常に手前に表示され、メニューバー、スクロールバー、ツールバーは含まれません。ユーザがウィンドウを閉じることは許可しますが、サイズ変更は許可されません。ランタイムショートカットメニューを許可し、呼び出された際フロントウィンドウを表示します。 また、フロントパネルのブールパラメータが<Enter>キーに関連付けられている場合、LabVIEWはパラメータを濃い色の枠でハイライトします。
    • デフォルト—LabVIEW開発環境で使用されるウィンドウスタイルと同じです。
    • カスタム—カスタムウィンドウスタイル。
  • カスタマイズウィンドウの外観をカスタマイズダイアログボックスを表示します。

VIウィンドウの位置とサイズを設定するにはウィンドウランタイム位置ページを使用してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった