ウィンドウランタイム位置ページ(VIプロパティダイアログボックス)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

VIのフロントパネルまたはブロックダイアグラムウィンドウから、ファイル→VIプロパティを選択して、カテゴリプルダウンメニューからウィンドウランタイム位置を選択して、このページを表示します。

このページを使用して、ランタイムフロントパネルウィンドウの位置とサイズをカスタマイズします。

このページには以下のコンポーネントがあります。

  • 位置—コンピュータ画面上のフロントパネルウィンドウの位置を設定します。 また、フロントパネル:中心メソッドを使用して、フロントパネルウィンドウをプログラム的に中央揃えすることもできます。
  • モニタ—複数のモニタがある場合、フロントパネルウィンドウを表示するモニタを設定します。 このオプションは、最大化最小化中央揃えの位置に対してのみ使用できます。 また、フロントパネルウィンドウ:モニタプロパティを使用して、にフロントパネルウィンドウを表示するモニタをプログラム的に設定できます。
  • ウィンドウ位置—グローバルスクリーン座標でフロントパネルの位置を設定します。 グローバルスクリーン座標は、開かれたウィンドウではなくコンピュータモニタ画面の座標を示します。
    • 現在の位置を使用—実行時にウィンドウ位置を変更しません。 VIの実行が開始されるまでにVIのフロントパネルが表示されない場合、LabVIEWは保存されたウィンドウの位置を使用します。 VIの実行が開始される際フロントパネルが開かれている場合、VIは実行前に設定されたウィンドウの位置を維持します。
    • —コンピュータモニタ上でフロントパネルウィンドウの上端を表示する位置をピクセル単位で設定します。
    • —コンピュータモニタ上でフロントパネルウィンドウの左端を表示する位置をピクセル単位で設定します。
    • 現在のウィンドウ位置に設定の値を現在のウィンドウの位置にピクセル単位で設定します。
  • パネルサイズ—スクロールバー、タイトルバー、メニューバー、ツールバーを除くフロントパネルのサイズを設定します。 ウィンドウサイズページで最小パネルサイズを指定した場合、パネルサイズ最小パネルサイズ以上になる必要があります。
    • 現在のパネルサイズを使用—実行時にパネルサイズを変更しません。 VIの実行が開始されるまでにVIのフロントパネルが表示されない場合、LabVIEWは保存されたパネルサイズを使用します。 VIの実行が開始される際フロントパネルが開かれている場合、VIは実行前に設定されたパネルサイズを維持します。
    • —フロントパネルサイズの幅をピクセル単位で設定します。
    • 高さ—フロントパネルサイズの高さをピクセル単位で設定します。
    • 現在のパネルサイズに設定高さを現在のフロントパネルの幅と高さにピクセル単位で設定します。

また、フロントパネル:ランタイム位置メソッドを使用して、プログラム的にランタイムフロントパネルウィンドウの位置とサイズをカスタマイズすることもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった