LabVIEWエラーコードの範囲



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWのVIおよび関数は、数値エラーコードを返します。このブックは、数値エラーコードとそのエラーの説明の表を示します。各エラーコード表には、数学エラーコードやセキュリティエラーコードなど、エラーコードの範囲が記載されています。このエラーコード表は、負の値から正の値の昇順でソートされています。-8999~-8000、5000~9999、および500,000~599,999の範囲でカスタムエラーコードを定義できます。

数値エラーのコードは、複数のVIおよび関数により使用されます。たとえば、エラー65は、シリアルポートのタイムアウトを示すシリアルエラーコード、およびネットワーク接続がすでに確立されていることを示すネットワークエラーコードの両方です。

LabVIEWでエラーを修正する方法については、技術サポートデータベースを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった