XYグラフ作成 Express VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストールパッケージ: ベース開発システム

XYグラフに表示されるデータをフォーマットします。

メモ   フロントパネルにExpressのXYグラフ制御器を追加すると、このExpress VIがブロックダイアグラム上に表示されます。Express XYグラフはグラフパレットにあります。

サンプル

ダイアログボックスオプション
ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ダイアログボックスオプション

パラメータ説明
各コールでデータをクリア実行中にExpress VIが呼び出されるたびに、グラフ上のデータをクリアします。 各コールでデータをクリアの値に関係なく、実行中にExpress VIが最初に呼び出された際にグラフ上のデータをクリアします。

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
有効Express VIを有効または無効にします。デフォルト値はONまたはTRUEです。
X 入力X入力を指定します。
Y入力Y入力を指定します。
リセットVIの内部状態の初期化を制御します。デフォルトはFALSEです。
エラー入力このノードの実行前に発生したエラーの状態を示します。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
XYグラフExpress VIの出力としてXYグラフを返します。
エラー出力エラー情報が含まれています。この出力は、標準エラー出力として機能します。

サンプル

XYグラフ作成の使用サンプルは、labview\examples\Express VIsディレクトリにあるLissajous with Express VIs VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった