ヒストグラム作成 Express VI



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

1つ上のパレット: 信号解析Express VI

インストールパッケージ: ベース開発システム

信号のヒストグラムを計算します。

サンプル

ダイアログボックスオプション
ブロックダイアグラム入力
ブロックダイアグラム出力

ダイアログボックスオプション

パラメータ説明
構成次のオプションがあります。
  • ビン数—ヒストグラムでのビン数を指定します。デフォルトは10です。
  • 最大値—ヒストグラムに含まれる最大値を指定します。デフォルト値は3です。この値は浮動小数点数の入力に最適な値です。最大値は含まれないため、最大値に正確に一致する値はヒストグラムに含まれません。
  • 最小値—ヒストグラムに含まれる最小値を指定します。デフォルトは-3です。
  • 自動構成—入力データに応じてヒストグラムの設定が自動的に調整されます。 自動構成ボタンは、信号に有効なデータを配線した場合のみ有効になります。
縦軸単位次のオプションがあります。
  • 割合(%)—各ビンの値を全体に対する割合で表します。
  • サンプルカウント—各ビンの値をそのビンのサンプル数で表します。
入力信号入力信号を表示します。 データをExpress VIに配線して実行した場合、入力信号には実数データが表示されます。Express VIを閉じ、再度開いた場合、入力信号には、Express VIを再び実行するまで、サンプルデータが表示されます。
結果プレビュー測定のプレビューを表示します。結果プレビュープロットは、選択された測定値を点線で示します。 Express VIにデータを配線して、VIを実行すると、結果プレビューに実数データが表示されます。Express VIを閉じて、もう一度開くと、結果プレビューにVIを再実行するまでサンプルデータが表示されます。カットオフ周波数の値が無効な場合、結果プレビューは有効なデータを表示しません。

ブロックダイアグラム入力

パラメータ説明
信号入力信号を指定します。信号は波形、実数配列または複素配列を使用することができます。
有効Express VIを有効または無効にします。デフォルト値はONまたはTRUEです。
リセットVIの内部状態の初期化を制御します。デフォルトはFALSEです。
エラー入力このノードの実行前に発生したエラーの状態を示します。

ブロックダイアグラム出力

パラメータ説明
ヒストグラム結果のヒストグラムを返します。
エラー出力エラー情報が含まれています。この出力は、標準エラー出力として機能します。

このExpress VIは、次のVIおよび関数と同じような動作をします。

ヒストグラム

サンプル

ヒストグラム作成の使用サンプルは、labview\examples\Express VIsディレクトリにあるExpress VI - Statistics VIで参照できます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった