3Dシーンのカメラを構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

3Dシーンを構成した後、ユーザ制御のカメラをどのように3Dシーンと相互的に操作するかを構成できます。

メモ メモ  以下の手順は、3Dピクチャ制御器で生成された3Dシーンのカメラを構成する方法について説明します。3Dシーンを表示するようにシーンウィンドウを構成した場合、シーンウィンドウのカメラはシーンウィンドウプロパティを使用してプログラム的に構成する必要があります。

3Dシーンウィンドウ用のカメラを構成するサンプルについては、labview\examples\Graphics and Sound\3D Picture Controlディレクトリの3D Model of Solar System VIを参照してください。

以下の手順に従って、3Dピクチャ制御器で生成された3Dシーンのカメラを構成します。

  1. 3Dシーンを作成するか、3Dシーンを含むVIを開きます。
  2. フロントパネルでは、3Dピクチャ制御器を右クリックして、ショートカットメニューからカメラコントローラを選択して、利用可能なオプションを表示します。
  3. 以下のカメラコントローラオプションから選択します。
    • なし―3Dシーン用のカメラを無効にします。
    • ―固定された点の周囲を回転するようにカメラを構成します。固定された点は、3Dピクチャ制御器の中心にある3Dシーンの点です。
    • フライング―3Dシーンの中をカメラが自由に移動するように構成します。このオプションを選択した場合、オブジェクトが表示されなくなるほど3Dオブジェクトから離れた位置にカメラを移動しないように注意する必要があります。
    • ―z軸に対して固定された点の周囲を回転するようにカメラを構成します。このオプションを選択すると、LabVIEWはカメラが右または左に傾くことを防ぎます。
    3Dシーンでカメラを移動すると、シーンが自動的に再描画され3Dピクチャ制御器に表示される画面が最新状態にアップデートされます。
  4. (オプション)自動再描画を無効にするには、3Dピクチャ制御器を右クリックし、ショートカットメニューからカメラコントローラ→自動再描画を選択して、オプションの横のチェックマークをオフにします。3Dシーンに複数のアップデートを追加し、すべてのアップデートを完了するまで3Dシーンの表示を変更したくない場合、自動再描画を無効にすることを推奨します。
メモ メモ自動再描画を無効にする場合、ForループまたはWhileループなどのループを使用して、3Dシーンをアップデートします。3Dシーンを構成するVI、プロパティ、メソッドをループで囲みます。LabVIEWは、ループの各反復ごとに3Dシーンを再描画して、現在のカメラの視点に一致するように表示をアップデートします。
  1. VIを実行して、3Dシーンを生成します。
  2. 操作ツールを使用して、3Dピクチャ制御器をドラッグして、3Dシーンの周辺にカメラを移動します。<Shift>キーを押しながら操作ツールでクリックアンドドラッグすることで、3Dシーンのズームインおよびズームアウトを行うことができます。<Ctrl>キーを押しながら操作ツールでクリックアンドドラッグすることで、シーンの平面にカメラを再配置することができます。(macOS) <Option>キーを押します。(Linux) <Alt>キーを押します。

また、カメラコントローラ:タイププロパティおよびカメラコントローラ:自動再描画プロパティを使用して、3Dピクチャ制御器でプログラム的に生成された3Dシーン用のカメラコントローラオプションを構成することができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった