ActiveXコンテナの概要



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

ActiveXコンテナを使用して、VIのフロントパネルにActiveXオブジェクトを埋め込みます。これにより、Windowsベースのアプリケーションを表示してLabVIEWの制御器と対話させることが可能になります。2種類のActiveXオブジェクトをActiveXコンテナに配置できます。新規のActiveXコントロールまたはドキュメントを作成することができます。また、既存のActiveXコントロールまたはドキュメントを挿入することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった