フォルダをプロジェクトに追加する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

プロジェクトエクスプローラウィンドウを使用して、フォルダを追加して、LabVIEWプロジェクトの項目に対して組織的な構造を作成します。

プロジェクトに自動更新フォルダを追加する

自動更新フォルダを追加すると、ディスク上のディレクトリがプロジェクトに追加されます。LabVIEWは、このフォルダを常に監視し、プロジェクトおよびディスクに対して変更が加えられた場合は、その変更に応じてフォルダを更新します。このタイプのフォルダは、黄色い円柱が付いた青いフォルダアイコンとして表示されます。

以下の手順に従って、自動更新フォルダをプロジェクトに追加します。

  1. 項目ページでターゲットまたはターゲット下のフォルダを右クリックし、ショートカットメニューから追加→フォルダ(自動更新)を選択して、ファイルダイアログボックスを表示します。また、ターゲットを選択して、プロジェクト→プロジェクトへ追加→フォルダ(自動更新)を選択することもできます。
  2. ディスク上のディレクトリを選択してプロジェクトに追加します。
  3. フォルダの選択ボタンをクリックして、プロジェクトに現在のフォルダを追加します。プロジェクトに自動更新フォルダが表示されます。LabVIEWは自動的にフォルダのすべての内容をプロジェクトに追加します。フォルダ内の項目が既にプロジェクトにある場合は、その項目は自動更新フォルダ内で移動します。
  4. ファイルページでは、自動更新フォルダからのファイルの移動、名前の変更、および削除を行えます。ファイルページからのプロジェクトの操作では、ディスク上の内容の更新と反映の両方が行われます。同様に、ディスク上のディレクトリを変更すると、LabVIEWはプロジェクト内のフォルダをアップデートします。ディスクではなくプロジェクトからファイルを変更する利点の1つは、LabVIEWプロジェクトからファイルをアップデートした場合、LabVIEWはファイル名の変更を検出して、呼び出し側のVIを自動的にアップデートする点です。
メモ メモ  (macOSおよびLinux) LabVIEWでは、macOSまたはLinuxオペレーティングシステムの自動更新フォルダのファイルへのシンボリックリンクの使用がサポートされていません。

また、自動更新フォルダに変換メソッドを使用して、自動更新フォルダをプロジェクトにプログラム的に追加することもできます。

ヒント ヒント  項目は、項目ページで並べ替えることができます。フォルダを右クリックして、ショートカットメニューから並べ替え→名前を選択して、項目をアルファベット順または五十音順に並べ替えます。項目をファイルのタイプ別に並べ替えるには、フォルダを右クリックし、ショートカットメニューから並べ替え→タイプを選択します。項目をファイルのパス別に並べ替えるには、フォルダを右クリックし、ショートカットメニューから並べ替え→パスを選択します。

自動更新フォルダとディスクの連動を解除するには、項目ページで自動更新フォルダを右クリックして、ショートカットメニューから自動更新を停止を選択します。LabVIEWは、ディスク上の対応すフォルダから自動更新フォルダの連動を解除します。このオプションはトップレベルフォルダのみに対して使用でき、自動更新フォルダのサブフォルダに再帰的に適用されます。

また、自動更新を停止メソッドを使用して、自動更新フォルダとディスクの連動をプログラム的に解除することもできます。

メモ メモ  プロジェクトは、ディスクの組織的な構造ではなくライブラリの階層に基づいてプロジェクトライブラリの内容を表示します。たとえば、VIがプロジェクトライブラリファイル(.lvlib)に存在する場合、VIはライブラリファイル下のプロジェクトに表示されます。VIはプロジェクト内でディスク上の位置に表示されません。同様に、仮想フォルダがライブラリ階層内にある場合を除いて、自動更新フォルダに仮想フォルダを含むことはできません。

プロジェクトに仮想フォルダを追加する

仮想フォルダは、プロジェクト項目を整理するために使用されるものであり、ディスク上のファイルを表すものではありません。このタイプのフォルダは、シルバーのフォルダアイコンで表示されます。

以下の手順に従って、仮想フォルダをプロジェクトに追加します。

  1. 項目ページでターゲットまたはターゲット下のフォルダを右クリックし、ショートカットメニューから追加→フォルダ(スナップショット)を選択して、ファイルダイアログボックスを表示します。また、ターゲットを選択して、プロジェクト→プロジェクトへ追加→フォルダ(スナップショット)を選択します。
  2. ディスク上のディレクリに移動して、そのディレクトリをダブルクリックして、プロジェクトに追加します。
  3. LabVIEWはプロジェクトの新規仮想フォルダをディスク上のディレクトリと同じ名前で作成します。また、ファイルとサブフォルダの内容など、ディレクトリ全体の内容を表すプロジェクト項目も作成されます。
メモ メモ  ディスク上のディレクトリに変更を加えた場合、仮想フォルダはプロジェクト内でアップデートされません。

仮想フォルダは、自動更新フォルダに変換できます。仮想フォルダを右クリックして自動更新フォルダに変換すると、ファイルのダイアログボックスが表示されます。自動更新を行うディスク上のフォルダを選択します。自動更新フォルダがプロジェクトに表示されます。LabVIEWは自動的に仮想フォルダの名前をディスクのフォルダに一致するように変更し、ディスクのフォルダ内容のすべてをプロジェクトに追加します。ディレクトリ内の項目が既にプロジェクトに存在する場合、項目は自動生成フォルダ内で移動します。ディスク上のディレクトリに存在しない仮想フォルダ内の項目は、ターゲットに移動します。

また、仮想フォルダはLabVIEWプロジェクトライブラリに変換できます。ターゲットの下の仮想フォルダを右クリックして、ショートカットメニューからライブラリに変換を選択します。

ターゲットを右クリックして、ショートカットメニューから新規→仮想フォルダを選択することで、プロジェクト項目を並べ替える新規の仮想フォルダを作成します。

また、項目を追加メソッドを使用して、フォルダをプロジェクトにプログラム的に追加することもできます。

プロジェクトにターゲットフォルダを追加する

ターゲットフォルダは、LabVIEWプロジェクトでターゲットおよび関連項目を格納します。このタイプのフォルダは、シルバーのコントローラが付いた黄色のフォルダアイコンとして表示されます。

ターゲットフォルダをLabVIEWプロジェクトに追加するには、インストールされているターゲットをサポートするモジュールまたはドライバが必要です。

ターゲットフォルダをプロジェクトに追加するには、プロジェクトエクスプローラウィンドウでプロジェクトルートを右クリックし、ショートカットメニューから新規→ターゲットフォルダを選択します。ターゲットフォルダがプロジェクトエクスプローラウィンドウに表示されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった