制御器と表示器を端子に割り当てる



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

コネクタペーンに使用するパターンを選択したら、コネクタペーンの各端子にフロントパネルの制御器と表示器を割り当てることができます。制御器および表示器をコネクタペーンに割り当てる際、複雑または混乱しやすいパターンを回避するように、入力を左側、出力を右側に配置します。

以下の手順に従って、コネクタペーンの制御器および表示器に端子を割り当てます。

  1. コネクタペーンに割り当てる制御器および表示器の数に対して十分なパターンを選択したことを確認してください。
  2. コネクタペーンの端子をクリックします。ツールは自動的に配線ツールに変わり、端子が黒で表示されます。
メモ  配線ツールを使用してフロントパネルの制御器および表示器にコネクタペーンの端子を割り当てますが、コネクタペーンとこれらの制御器および表示器間にワイヤは描画されません。
  1. 端子に割り当てるフロントパネルの制御器または表示器をクリックします。オブジェクトがマーキーでハイライトされ、端子が制御器のデータタイプの色に変化し、端子が接続されたことを示します。
メモ  コネクタペーン端子が白に変化した場合、接続が確立されていないことを示します。コネクタペーンの端子が適切なデータタイプの色に変化するまで、手順2および3を繰り返します。
  1. 端子に割り当てる各制御器と表示器に対して、手順2および3を繰り返します。端子に割り当てられた制御器または表示器を変更する場合、最初に接続を解除して、手順2および3を繰り返し、別の制御器または表示器を端子に割り当てます。
  2. 必要に応じて、各端子の接続を確認します。

自動ツール選択が無効な場合、配線ツールを使用して、最初に制御器または表示器を選択し、次に端子を選択することができます。

どの端子を必須、推奨、オプションにするかを指定することができます。

ヒント  (Windows) 2つの端子の場所を入れ替えるには、<Ctrl>キーを押しながら位置決めツールで入れ替える2つの端子を選択します。このショートカットの<Ctrl>キーは、(macOS) では<Option>キー、(Linux) では<Alt>キーに対応します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった