パレットセットを自動的に更新する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWは、LLBでファイルを追加または削除する際、LLBにリンクされたパレットを自動的に更新します。ディレクトリに新規ファイルを追加したり、ディレクトリからファイルを削除する場合、パレットを自動的に更新するように設定できます。

以下の手順に従って、.mnuファイルを設定してディレクトリの内容に基づいて更新します。

  1. ツール→上級→パレットセットを編集を選択して、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを表示します。
  2. パレットのアイコンを右クリックして、ショートカットメニューからディレクトリと同期を選択します。
  3. パレットセットを同期させるディレクトリに移動してそのディレクトリを選択します。ナショナルインスツルメンツでは同じディレクトリに.mnuファイルを保存することを推奨しますが、パレットセットを反映するディレクトリは任意に選択することもできます。
メモ  同期を取るディレクトリに追加するサブディレクトリ名または.llbファイル名がアンダースコア(_)で始まる場合は、サブディレクトリまたはファイルの内容はパレットに表示されません。

項目がディレクトリに同期する場合は、項目を右クリックしてショートカットメニューから同期パスを表示を選択すると、ソースディレクトリへのパスを表示できます。

項目がディレクトリと同期されると、パレットから項目を削除できません。ディレクトリに同期する項目を非表示にするには、その項目を右クリックして、ショートカットメニューから同期項目を隠すを選択します。非表示の項目はパレットに表示されず、パレットを検索する場合も含まれません。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった