インストーラ配布コンポーネントをキャッシュする(Windows)



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

配布は、インストーラを構成する一連のファイルです。アプリケーションビルダを使用して追加のインストーラまたはコンポーネントを含むインストーラを作成する場合、アプリケーションビルダでそのコンポーネントの元の配布を検索するようにプロンプトされます。インストーラ配布コンポーネントをキャッシュすると、これらのコンポーネントはローカルシステム上の固定位置にコピーされるので、インストーラを作成するたびに追加コンポーネントの位置を指定する必要がなくなります。次回これらのコンポーネントを含むインストーラを作成すると、配布メディアを要求するプロンプトが表示される代わりに、アプリケーションビルダでローカルドライブからコンポーネントが自動的にコピーされるようになります。

インストーラ配布コンポーネントをキャッシュするには、以下の手順に従います。

  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、ビルド仕様を右クリックして、ショートカットメニューから新規→インストーラを選択します。
  2. カテゴリリストから追加のインストーラを選択します。
  3. インストーラ作成中にメディアのプロンプトを最小化するため、選択されたインストーラおよび今後のインストーラすべてをこのコンピュータにコピーするチェックボックスをオンにします。
  4. OKをクリックします。
メモLabVIEWプロフェッショナル開発システムにはアプリケーションビルダが含まれています。LabVIEWのベースパッケージまたは開発システムをご使用の場合、アプリケーションビルダはni.comから別途ご購入いただけます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった