LabVIEWで共有ライブラリを呼び出す



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

ライブラリ関数呼び出しノードを使用して、LabVIEWで最も標準な共有ライブラリを呼び出します。「オートメーションオープン」関数をプロパティノードおよびインボークノードと使用して、ActiveXオブジェクトを含む共有ライブラリを呼び出します。

メモ メモ  (MathScript RTモジュール) LabVIEW MathScriptウィンドウまたはMathScriptノードから共有ライブラリを呼び出すには、MathScript RTモジュールlibrariesクラスの関数を使用します。

以下の図は、LabVIEWで共有ライブラリを呼び出す場合の典型的なワークフローを示しています。青のダイアモンドボックスをクリックすると、各ステップについての詳細が表示されます。

LabVIEW Manager Functions ライブラリ関数呼び出しノード ライブラリ関数呼び出しダイアログボックス ライブラリ関数呼び出しノードを構成する 共有ライブラリのデバックおよび呼び出しを行う

関連する概念

共有ライブラリを呼び出す

ライブラリ関数呼び出しノードを構成する

ライブラリ関数呼び出しノードで配列および文字列を使用する

共有ライブラリのデバックおよび呼び出しを行う

共有ライブラリをインポートする

共有ライブラリでLabVIEW管理関数を使用する

メモリ管理

関連する操作手順

文字列に平坦化関数を使用する



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった