インストーラ作成に関する注意事項とアドバイス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

インストーラをビルドする際の注意とアドバイスを以下に示します。

  • インストーラプロパティダイアログボックスのソースファイルページでインストーラビルドに含めるファイルを選択する際は、ビルド仕様の一部を選択することはできません。ビルド仕様は全体を追加する必要があります。出力先ビューツリーには、仕様全体が表示されます。
  • インストーラのビルドにプロジェクトライブラリを含める場合、プロジェクトライブラリにネットワーク上のファイル、または移動すると壊れるリンクがあるその他のファイルが含まれていないことを確認します。ファイルのいずれかが異なるドライブにある場合、またはファイルのパスがLabVIEWプロジェクトファイル(.lvproj)と同じパスでない場合、プロジェクトライブラリはプロジェクトファイルビューディレクトリから出力先ビューディレクトリにコピーできません。
  • ネットワーク上または異なるドライブにあるファイルへのリンクが壊れないように、インストーラビルドに追加するファイルを含むソース配布をビルドすることを検討してください。
  • インストーラビルドにナショナルインスツルメンツ製品のインストーラを追加する場合、インストーラに含めるNI製品用のドライバとコンポーネントには、インストーラをビルドするのに使用するコンピュータにインストールされている機能のみが含まれます。たとえば、ビルドコンピュータ上にNI製品で利用可能な20の機能のうち10の機能のみがインストールされており、インストーラにその製品のフルバージョンを追加することを選択した場合、インストーラにはその製品で利用可能な20の機能でなく、ビルドコンピュータ上にインストールされている10の機能のみ追加されます。

    ビルドするインストーラは、ビルドするインストーラでは、コンポーネントがインストールされているコンピュータで現在のバージョンのコンポーネントが再インストールせれずに、それらのコンポーネントがアンインストールされる可能性があります。この動作はビルドコンピュータにインストールされているNI製品およびインストーラを実行するコンピュータによって異なります。インストーラを実行するコンピュータにビルドコンピュータにインストールされていないNI製品がある場合、その製品はインストールが実行中に削除される可能性があります。インストーラはコンポーネントを削除する前にインストール手順の一部として削除される機能の情報を表示し、インストールを中止するオプションを提供します。
  • カスタムエラーコードをインストーラに含めることができます。出力先ビューディレクトリの[LabVIEW x Run-Time]フォルダは、Shared\LabVIEW Run-Time\x.xディレクトリに対応します(xxは使用中のLabVIEWバージョン)。上級ページのカスタムエラーコードファイルをインストールチェックボックスをオンにすると、インストーラビルドにlabview\project\errorsおよびlabview\user.lib\errorsからのべてのエラーコードファイルが追加され、それらのエラーコードはShared\LabVIEW Run-Time\x.x\errorsディレクトリにインストールされます。
メモ メモ  LabVIEW\user.libディレクトリのerrorsフォルダを手動で作成して、エラーコードファイルを整理できます。
  • インストーラビルド用にアプリケーションをビルドするときにメモリ不足エラーが発生した場合は、以下の解決法の1つを検討してください。
    • 32ビットWindowsでは、LabVIEWが最大3 GBのメモリを使用できるようにします
    • アプリケーションに大規模または複雑なVIが含まれている場合は、LabVIEWが実行速度よりもエディタ応答性を優先させる複雑度のしきい値を下げます。こうすることで、 LabVIEWはより多くのメモリをビルドプロセスに割り当てることができます。
    • アプリケーションを複数のソース配布に分割することでアプリケーション内のVIの数を減らします。アプリケーション内のVIは、リファレンス呼び出しノードによってこれらの部分を呼び出します。
  • インストーラビルドのスタンドアロンアプリケーション、共有ライブラリ、.NETアセンブリ、ウェブサービスをテストする際、ロードに予想よりも長い時間がかかる場合は、他のVIからダイナミックに1度呼び出されるか時々呼び出されるVIの部分を削除します。たとえば、アプリケーションに多数のVIで成り立つ構成ダイアログボックスがあり、ユーザがそのダイアログボックスをロードするよう選択する必要がある場合、VI呼び出し構成ダイアログボックスで各呼び出しで再ロードを選択することで、サブVIをいつロードするかを構成します。アプリケーション、共有ライブラリ、.NETアセンブリを作成する際に、ビルドの出力先を追加します。ロード時間を短縮するためには、ダイナミックに呼び出すVIがメインアプリケーションや共有ライブラリではなくそれらの追加出力先に入るよう構成します。
  • 出力先ビューディレクトリの[LabVIEW x]フォルダを使用して、ユーザがインストールした最新バージョンのLabVIEWのディレクトリにインストールするファイルを追加します。
    • インストーラ内にアプリケーションのビルド仕様を含む場合は、ビルド仕様のビルド出力がビルド仕様のプライマリ出力先を基準にしていることを確認します。プライマリ出力先は、アプリケーションのプロパティダイアログボックスの出力先ページで指定されています。ビルド出力にプライマリ出力先を基準としていないファイルが含まれる場合、インストーラはアプリケーションの元のファイル階層を認識します。特に、プライマリ出力先を基準としていないすべてのファイルは移動されます。
  • LabVIEW配布コンポーネントをLabVIEWのビルドアプリケーションと使用する場合、追加のライセンスファイルは必要ありません。
  • インストーラプロパティダイアログボックスのソースファイルページの出力先ビューツリーにビルド仕様を追加すると、ビルドと同じ名前のフォルダが存在しなくても、ビルド名が出力先ビューツリーに表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった