パックプロジェクトライブラリに関する注意とアドバイス



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

パックプロジェクトライブラリを作成する際の注意とアドバイスを以下に示します。

  • あるターゲット用にコンパイルされたパックプロジェクトライブラリがVIにより呼び出されている時に、異なるオペレーティングシステムが実行している別のターゲットでそのVIを開くと、パックプロジェクトライブラリはロードされません。
  • パックライブラリのデバッグビルドを作成すると、各VIのブロックダイアグラムを確認することができます。ただし、ブロックダイアグラムで問題をデバッグしても、VIを編集したり、変更内容をパックライブラリに保存することはできません。LabVIEWプロジェクトのVIへの変更は、プロジェクトライブラリに保存する必要があります。パックライブラリを更新するには、ライブラリを再ビルドします。
  • パックライブラリには、関連するVIだけを追加します。パックライブラリの1つのVIを開くと、そのパックライブラリのすべてのVIがロードされます。関係ないVIを含めると、その分だけロード時間が長くなります。
  • パックライブラリをビルドする際にパレットをリンクするには、パレットをパックライブラリと同じバージョン、ターゲット、オペレーティングシステムで保存します。
  • パックライブラリにはトップレベルライブラリの依存項目も含まれますが、これらはパックライブラリに表示されず、またパックライブラリのエクスポート時に無視されます。パックライブラリの依存項目をエクスポートするには、依存項目をパックライブラリ作成前にトップレベルプロジェクトライブラリに配置します。
  • エクスポートVIにタイプ定義またはクラスの入力または出力コネクタペーンがある場合、そのタイプ定義またはクラスをトップレベルプロジェクトライブラリに追加します。プロジェクトライブラリを右クリックして、ショートカットメニューからパックライブラリで置換を選択すると、タイプ定義とクラスは置換されず、パックライブラリのエクスポートされた項目だけが置換されます。その結果として、プロジェクトをパックライブラリで置換したときにパックライブラリのVIが壊れる可能性があります。
  • LabVIEWプロジェクトにプロジェクトライブラリをビルドしたら、パックライブラリをビルドする前に、プロジェクトライブラリ用に別個のLabVIEWプロジェクトを作成します。プロジェクトライブラリをビルドしたLabVIEWプロジェクトでパックライブラリをビルドして、そのパックライブラリで元のプロジェクトライブラリを置き換えると、パックライブラリは再ビルドできません。
  • (MathScript RTモジュール)MathScriptノードはパックライブラリでサポートされていません。MathScriptノードを含むパックライブラリを構築しようとすると、LabVIEWからエラーが返されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった