イベントストラクチャで処理されるイベントを構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

処理するイベントストラクチャのイベントを構成する前に、LabVIEWでイベントを使用する際の注意とアドバイスを参照してください。

以下の手順に従って、イベントを処理するようにイベントストラクチャを構成します。

  1. (オプション)ユーザイベント、ラジオボタン制御器内のブール制御器、あるいはアプリケーション、VI、または制御器のリファレンスに基づいて生成されるユーザインタフェースイベント処理するためにイベントストラクチャを構成する場合、最初にそのイベントをダイナミック登録する必要があります。
  2. イベントストラクチャの枠を右クリックし、ショートカットメニューからこのケースで処理されるイベントを編集を選択して、現在のケースを編集するためにイベントを編集ダイアログボックスを表示します。また、ショートカットメニューからイベントケースを追加を選択して、新規ケースを作成することもできます。
  3. イベントソースペーンでイベントソースを指定します。
  4. キーダウン、タイムアウト、値変更など、イベントソースに対して構成するイベントをイベントリストから選択します。イベントソースリストからダイナミックイベントソースを選択した場合、イベントリストにそのイベントが表示されます。これは、イベントの登録時に選択したイベントと同じです。イベントをダイナミック登録して、イベント登録Refnum出力をダイナミックイベント端子に配線した場合、ソースはダイナミックセクションに表示されます。
  5. 現在のケースで処理するイベントを追加する場合は、青いプラス記号ボタンをクリックし、手順3と4を繰り返して、追加イベントをそれぞれ指定します。ダイアログボックスの上部にあるイベント指定子セクションに、ケースが処理するイベントがすべて表示されます。このリストの項目をクリックすると、イベントソースセクションが更新され、選択したイベントソースがハイライト表示されます。手順3と4を繰り返してイベントを再定義したり、赤いXボタンをクリックして選択したイベントを削除できます。
  6. OKボタンをクリックして構成を保存し、ダイアログボックスを閉じます。構成したイベントケースはイベントストラクチャの上部にあるイベントセレクタラベルの選択オプションとして表示され、イベントデータノードにはそのケースで処理される共通のデータが表示されます。
  7. (オプション)タイムアウトイベントを使用して、イベントストラクチャのイベントの発生までの待機時間を設定することができます。イベントストラクチャの左上にあるタイムアウト端子に値を配線して、タイムアウトイベントを生成する前にイベントストラクチャがイベントの発生を待機する時間(ミリ秒)を指定します。タイムアウト端子のデフォルト値は–1です。この値では、イベント発生までの待機時間が無限となります。
  8. 構成する各イベントケースに対して、手順1~6を繰り返します。

イベントを使用するサンプルについては、以下のVIを参照してください。

  • labview\examples\Dialog and User Interface\Events\Events.lvproj

  • labview\examples\Structures\Event Structure\Event Structure.lvproj



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった