フロントパネルオブジェクトのタブ順序を設定する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

タブ順序は、VIの実行中にユーザが<Tab>キーを押したときに、LabVIEWが制御器および表示器を選択する順序を決定するものです。また、フロントパネルデータをログに記録するときに作成するデータログファイルのレコード内に表示される制御器と表示器の順序も指定されます。LabVIEWでは、フロントパネルまたはタブ制御器にオブジェクトを追加する順序に、デフォルトのタブ順序を使用します。

以下の手順に従って、タブ順序を変更します。

  1. 編集→タブ順序を設定を選択して、フロントパネルのタブ順序の編集モードをアクティブ化します。
    メモ メモ  タブ制御器ページの制御器と表示器のタブ順序を設定するには、このページを右クリックしてショートカットメニューからページ内の制御器の並べ替えを選択します。


    以下の図に示すように、タブ順序編集モードではフロントパネルの外観が変化します。制御器および表示器の白いボックスは、現在のタブ順序を示します。黒いボックスは新規のタブ順序を示します。これらの数値は、変更を加えるまで変化しません。タブ順序編集モードでは、非表示の制御器のすべてが表示されます。

  2. ツールバーのクリックして設定フィールドに数値を入力します。フロントパネルまたはタブ制御器の制御器および表示器の数よりも大きい数値は入力できません。
  3. タブ順序カーソルのあるオブジェクトをクリックし、ツールバーのクリックして設定フィールドに表示される数値としてそのオブジェクトの位置番号を設定します。その他のフロントパネルまたはタブ制御器のオブジェクトは、元のタブ順序に基づいて自動的に再度番号付けられることに注目してください。
  4. すべての要素が希望の順序になるまで、手順2~3を繰り返します。
メモ  フロントパネルでタブを開く際、非表示の制御器はスキップされます。非表示の制御器の順序は設定する必要ありません。
  1. 黒いボックスに希望のタブ順序が表示されている場合、確認ボタンをクリックして新規のタブ順序を許可し、タブ順序編集モードを終了します。タブ順序を元に戻すには、ツールバーのキャンセルボタンをクリックして、タブ順序編集モードを終了します。
  2. VIを実行して、<Tab>キーを押して、フロントパネルまたはタブ制御器の制御器および表示器を参照します。タブ制御器のページを操作するには、左矢印または右矢印キーを使用します。
メモ  スプリッタバーをフロントパネルに追加して、ペーンを作成する場合、フロントパネルのオブジェクトのタブ順序は変更されません。任意のペーンの制御器は、タブ順序で次の制御器となる場合があります。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった