LabVIEWで作成された共有ライブラリの特性



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

LVDLLStatus関数

LabVIEWで作成されたすべてのDLLには、エクスポートする関数に加えて、以下のプロトタイプを持つLVDLLStatusと呼ばれるエクスポート関数が含まれます。



MgErr LVDLLStatus(CStr errStr, int32 errStrLen, void *module)

呼び出し側のプログラムでは、LabVIEWのDLLが正しくロードされたことを確認するこの関数が使用されます。DLLをロード中にエラーが発生すると、関数はエラーを返します。errStrパラメータに文字列バッファを渡し、エラーに関する追加情報を受け取ります。errStrとして渡される文字列バッファのバイト数にerrStrLenパラメータを設定します。モジュールパラメータを使用して、DLLにより使用されているLabVIEWランタイムエンジンへのハンドルを回収します。通常、このパラメータはNULLとして残すことができます。

LVDLLStatus関数は、LabVIEWランタイムエンジンのロード中にLabVIEWがこの関数を呼び出すと実行をブロックします。

メモ  LabVIEW内からLabVIEWで作成されたDLを呼び出すと、LabVIEWは自動的にLVDLLStatus関数を呼び出します。
(macOS) LabVIEWで共有ライブラリの一部を構築するには、アプリケーションビルダはgcc (UnixおよびmacOSオペレーティングシステム用標準コマンドラインコンパイラ) を使用する必要があります。Xcode(Appleコンピュータ用標準開発環境)を使用してgccをインストールします。XcodeはMac App Storeから無料でダウンロードできます。

メモリの割り当て

ハンドルとして公開されているLabVIEW配列タイプのメモリ割り当てを管理するために、LabVIEWが作成した共有ライブラリは、ハンドルとして公開されている各配列タイプに割り当て解放サイズ変更関数を提供します。生成された共有ライブラリに特有の関数プロトタイプを表示するには、生成されたヘッダファイルを開きます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった