制御器および表示器を構成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

制御器または表示器の外観を変更するには、それらのプロパティを構成します。プロパティを構成するには、プロパティダイアログボックスまたはショートカットメニューを使用します。

プロパティダイアログボックスを表示するには、制御器または表示器を右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択します。VIの実行中はプロパティダイアログボックスを表示できません。

ショートカットメニューを表示するには、制御器または表示器を右クリックします。

ヒント  複数のオブジェクトに対して同時に共通の操作を行うには、それらのオブジェクトを選択して、ショートカットメニューを使用するか、プロパティダイアログボックスを使用します。

以下のオプションは、制御器および表示器のショートカットメニューのすべてに共通しています。

  • 表示項目―名前ラベルおよびキャプションなどの表示または非表示にするように選択できるオブジェクトの部分を示します。
  • 端子を検索―制御器または表示器のブロックダイアグラム端子をハイライトします。このメニュー項目は、複雑なブロックダイアグラムの特定のオブジェクトを識別するのに役に立ちます。
  • 表示器に変更および制御器に変更現在のオブジェクトを制御器または表示器に変更します。
  • 説明とヒント―オブジェクトの使用に関する説明とヒントを入力および表示するためのダイアログボックスを表示します。
  • 作成ローカル変数リファレンスプロパティノード、またはインボークノードを作成して、オブジェクトのさまざまなプロパティをプログラム的に制御します。
  • 置換―その時点までのオブジェクトに適用した編集オプションのすべてを失わずに、別の制御器または表示器でフロントパネルオブジェクトを置換します。
  • データ操作―以下のデータ編集オプションのサブメニューを含みます。
    • デフォルト値に再度初期化―制御器をデフォルト値に設定します。また、デフォルト設定に戻すメソッドを使用して、制御器をデフォルト値にプログラム的に初期化することができます。
    • 現在の値をデフォルト設定にする―制御器の現在の値を新規のデフォルト値に設定します。また、デフォルト値: 現在の設定をデフォルト設定にするメソッドを使用して、フロントパネル制御器すべてのデフォルト値をプログラム的に設定できます。
    • データを切り取りデータをコピーデータを貼り付け―フロントパネルオブジェクトの内容の切り取り、コピー、貼り付けを行います。
  • 上級―以下の上級編集オプションのサブメニューを含みます。
    • 同期表示すべての更新を表示します。動画を表示するには、この機能を有効にします。また、同期表示プロパティを使用して、このオプションをプログラム的に設定することもできます。
    • カスタマイズフロントパネルオブジェクトをカスタマイズするための制御器エディタウィンドウを表示します。
    • 制御器を隠すまたは表示器を隠すフロントパネルオブジェクトを非表示にします。非表示にしたオブジェクトにアクセスするには、ブロックダイアグラムの端子を右クリックして、ショートカットメニューから制御器を表示または表示器を表示を選択します。
    • 使用可能状態―オブジェクトが有効、無効、または無効でグレー表示であるかどうかを確認します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった