エラー通知を制御する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

例外処理の制御器を使用して、通常のエラーをエラーなしとして処理するか、または警告をエラーとして処理します。

以下の手順に従って、既存のエラーをキャンセルする、または警告をエラーにアップグレードします。

  1. ブロックダイアグラム上に「一般エラー処理」VIを追加します。
  2. 例外動作入力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択します。制御器のアイコンが表示されます。
  3. [例外動作]をダブルクリックして、フロントパネルを開きます。[例外動作]一致でエラーをキャンセルに設定してエラーをキャンセルするか、一致でエラーをセットに設定して警告をエラーとして扱います。
  4. ブロックダイアグラムの[例外コード]入力を右クリックし、作成→制御器を選択します。制御器のアイコンが表示されます。
  5. [例外コード]制御器をダブルクリックして、フロントパネルを開きます。[例外コード]を、キャンセルしたいエラーコードまたはエラーとして処理したい警告のエラー入力のコード値に一致するように設定します。
  6. (オプション)エラーまたは警告が発生した際に通常表示されるエラーソースの正確な文字列がある場合、ブロックダイアグラムの[例外ソース]入力を右クリックして、作成→制御器を選択します。[例外ソース]制御器をダブルクリックして、フロントパネルを開きます。[例外ソース]テキストボックスに正確な文字列値を入力します。
  7. ファイル→別名で保存を選択してファイルダイアログボックスを表示します。VIを保存するディレクトリに移動します。VIの名前を入力して保存ボタンをクリックします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった