LLBをプロジェクトライブラリに変換する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWプロジェクトライブラリに変換する前にLLBを使用する方法を検討してください。LLBおよびプロジェクトライブラリには異なる用途がありますが、相互に排他的ではありません。

たとえば、アプリケーションプログラミングインタフェース(API)としての役割を果たす内蔵型のファイルのコレクションを変換するとします。LLBをLabVIEWプロジェクトライブラリに変換すると、さまざまな利点を得ることができます。プロジェクトライブラリが所有する個々のファイルにソース管理操作を行うことができます。ただし、LLBの個々のVIにソース管理操作を実行することはできません。また、プロジェクトライブラリが所有する項目のアクセスオプションをパブリックまたはプライベートに構成することができます。

LLBをプロジェクトライブラリに変換した場合、LLBを開いた際にトップレベルVIを自動的に実行するように設定することができなくなります。プロジェクトライブラリでは、VIをトップレベルとしてマークできません。たとえば、LLBを開くと自動的に実行される、単一のアプリケーションとして動作するVIで構成されるLLBは変換しないほうがよい場合があります。このタイプのLLBは、代わりにLabVIEWプロジェクトで構成することを検討してください。

LLBが単一のトップレベルVIおよび一連のサブVIで構成されている場合、LLBのVIをプロジェクトライブラリに追加することを検討します。LLB内のプロジェクトライブラリファイル(.lvlib)をVIと保存します。プロジェクトライブラリで、サブVIのアクセスをプライベートに設定します。このような方法でファイルを整理することで、ユーザはサブVIにアクセスせずにVIのトップレベルのファイルを実行できるようになります。

以下の手順に従って、LLBをプロジェクトライブラリに変換します。

  1. LLBをディレクトリに変換します。
  2. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、ターゲットを右クリックして、ショートカットメニューから追加→フォルダ(スナップショット)を選択して、ファイルダイアログを表示します。手順1で作成したディレクトリに移動して、フォルダの選択ボタンをクリックします。LabVIEWはプロジェクトに仮想フォルダを作成します。
  3. プロジェクトフォルダを右クリックして、ショートカットメニューからライブラリに変換を選択して、プロジェクトフォルダからプロジェクトライブラリを作成します。
  4. プロジェクトライブラリを右クリックして、ショートカットメニューから保存を選択し、新規プロジェクトライブラリファイルに名前を付けて保存します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった