3Dピクチャ制御器で3Dシーンを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

3Dピクチャ制御器VIとシーンオブジェクトメソッドを使用して3Dシーンを作成するには、以下の手順に従ってください。

  1. フロントパネルウィンドウに3D制御器を追加します。
  2. ブロックダイアグラムで、3Dピクチャ制御器端子の左側に「オブジェクトを作成」VIを追加します。
  3. 「オブジェクトを作成」VIのシーン:新規オブジェクト出力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→シーンオブジェクトクラスのメソッド→描画領域を設定を選択して、描画領域を設定メソッドを作成します。
  4. 描画領域を設定メソッドをブロックダイアグラムの「オブジェクトを作成」VIの右側に追加します。
  5. 「オブジェクトを作成」VIのシーン:新規オブジェクト出力を描画領域を設定メソッドのリファレンス入力に配線します。
  6. ジオメトリパレットから任意のVIを選択し、ブロックダイアグラムで描画領域を設定メソッドの左側に配置します。
メモメッシュを作成」VIを使用する場合、メッシュパラメータを設定メソッドを使用してメッシュを設定する必要があります。
  1. 手順5で追加したVIのリファレンス出力を描画領域を設定メソッドの描画領域入力に配線します。
  2. 描画領域を設定メソッドのリファレンス出力を3Dピクチャ制御器の端子に配線します。以下のブロックダイアグラムは簡単な3Dシーンを示します。

  3. ブロックダイアグラムでエラー入力およびエラー出力を配線します
  4. VIを実行して、3Dシーンを生成します。
  5. (オプション)カメラを構成して異なる視点から3Dシーンを表示します。

基本的な3Dシーンを作成した後、この3Dシーンを拡張するには他の3Dピクチャ制御器VIを使用します。3Dシーンには、別の3Dオブジェクトの追加およびオブジェクト関係の作成3Dオブジェクトへのテクスチャの適用光源の構成を行うことができます。

シーンウィンドウを構成して、3Dシーンを表示、レンダリングすることもできます。

3Dシーンのサンプルについては、labview\examples\Graphics and Sound\3D Picture Controlディレクトリの3D Model of Solar System VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった