ラジオボタン制御器を作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の手順に従って、ラジオボタン制御器を作成します。

  1. フロントパネルウィンドウにラジオボタン制御器を追加します。
  2. (オプション)ラジオボタン制御器で追加のブール制御器を追加します。

    また、ラジオボタン制御器で既存のブール制御器をクローンすることもできます。
  3. (オプション)ラジオボタン制御器を右クリックし、ショートカットメニューから以下の項目を選択して、ラジオボタン制御器を構成します。
    • 選択なしを許可―ラジオボタン制御器には、ブール制御器を選択しない、またはブール制御器の1つを選択するオプションが用意されています。
    • 機械的動作―ラジオボタン制御器の機械的動作を「押されたらスイッチ」または「放されたらスイッチ」に設定します。ラジオボタン制御器の個々のブール制御器に機械的動作を設定することはできません。
  4. ラベリングツールを使用して、ラジオボタン制御器にある各ブール制御器のラベルを編集します。各ブール制御器には固有のラベルが必要です。選択なしを許可オプションを選択して、ラジオボタン制御器のブール制御器に選択なしのラベルを作成した場合、VIは壊れた実行ボタンを返します。
  5. ラジオボタン制御器で選択した項目を処理するには、ケースストラクチャを作成します。ラジオボタン制御器が列挙体としてブロックダイアグラムに表示されます。項目が選択されなかった場合、ラジオボタン制御器の数値は0、文字列値は選択なしになります。

また、選択なしを許可プロパティを使用して、ラジオボタン制御器でプログラム的にブール制御器を選択しないオプションを有効にすることもできます。

ラジオボタン制御器の使用方法のサンプルについては、以下のVIを参照してください。

  • Radio Buttons VI: labview\examples\Controls and Indicators\Boolean



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった