スタンドアロンアプリケーションのバージョン情報ダイアログボックスを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

多くのアプリケーションには、アプリケーション、およびアプリケーションを構築したユーザまたは会社に関する一般情報を表示するバージョン情報ダイアログボックスがあります。ユーザがヘルプ→バージョン情報を選択する際、作成するスタンドアロンアプリケーションに関する情報を表示するために、LabVIEWで実行するVIを作成することができます。VIの実行後、LabVIEWはダイアログボックスを閉じます。

バージョン情報VIは、アプリケーションにつき1つのみ作成できます。バージョン情報VIを作成しないと、LabVIEW開発システムでヘルプ→バージョン情報を選択すると表示されるダイアログボックスと同じデフォルトのダイアログボックスが表示されます。

バージョン情報VIを作成してスタンドアロンアプリケーションに追加するには、以下の手順に従ってください。

  1. バージョン情報ダイアログボックスに示す情報(バージョン番号、会社名、著作権情報など)を表示するフロントパネルウィンドウを持つVIを作成します。このバージョン情報VIは、アプリケーションの他のVIとサブVIを共有することができます。ただし、バージョン情報VIはアプリケーションの他のVIが実行中に実行できないため、サブVIとして使用することはできません。
メモ  フロントパネルにはナショナルインスツルメンツの著作権情報を表示する必要があります。LabVIEWアプリケーション用に作成するバージョン情報ダイアログボックスの要件についての詳細は、LabVIEWプラットフォームメディアの『ナショナルインスツルメンツソフトウェア使用許諾契約書』を参照してください。
  1. バージョン情報VIのブロックダイアグラムを作成します。たとえば、ユーザがボタンをクリックするまでバージョン情報ダイアログボックスを表示するには、ブロックダイアグラムでWhileループイベントストラクチャを使用します。
  2. VIを保存します。VI名は必ず「About」で開始します。
  3. アプリケーション作成に使用するプロジェクトにVIを追加します。
  4. アプリケーションのビルド設定を構成する際、バージョン情報VIをアプリケーションプロパティダイアログボックスのソースファイルページにある常に含むリストに追加します。
  5. ソースファイル設定ページから、プロジェクトファイルツリーにあるバージョン情報VIを選択します。デフォルトの保存設定を使用セクションで、フロントパネルを削除チェックボックスがオンでないこと、また出力先がアプリケーションであることを確認してください。
  6. 残りのアプリケーション設定を構成して、アプリケーションを作成します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった