パレットセットを編集する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、制御器および関数パレットを編集します。

  1. ツール→上級→パレットセットを編集を選択して、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを表示します。
  2. 制御器または関数パレットを右クリックして、ショートカットメニューのオプションのいずれかを選択します。

    パレットの空白スペースを右クリックすると、オブジェクト、行または列を挿入したり、標準のメニュービューを切り替えたり、パレットの空のスロットを削除することができます。アイコンを右クリックすると、サブパレットの移動、サブパレットの削除、アイコンのコピー、サブパレットアイコン編集、サブパレット名の変更、ディレクトリ内容に基づいたファイルの更新、またはアイコンの略名の編集を行うことができます。オブジェクトを移動するには、パレットの新しい位置にドラッグします。
  3. パレットを編集した後、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスにある変更を保存ボタンをクリックしてパレット変更をプレビューダイアログボックスを開き、変更を保存します。キャンセルボタンをクリックしてこのダイアログボックスを閉じて、この編集セッションで追加した変更をキャンセルします。

特定のターゲットのパレットセットを編集するには、変更したいパレットセットのターゲット上のVIからツール→上級→パレットセットを編集を選択します。

パレットを編集する場合、LabVIEWはこの編集をlabview\menusディレクトリへ保存します。LabVIEWは、元のパレットのコピーに編集を保存します。標準パレットを保護することで、元のパレットを壊すことなくパレットを自由に試すことができます。元のパレットに戻るには、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスのデフォルトに戻すボタンをクリックします。

制御器または関数パレットで表示されるパレットカテゴリを編集するには、パレットのツールバーでカスタマイズボタンをクリックし、ショートカットメニューから表示パレットを変更を選択して、表示パレットを変更ダイアログボックスを表示します。また、固定されたパレットの下方にある表示パレットを変更リンクをクリックして、表示パレットを変更ダイアログボックスを表示することもできます。

メモ メモ  パックプロジェクトライブラリ内のパレットを変更するには、ライブラリでパレットを変更してからパックライブラリを再ビルドします。

また、パレットの編集VIを使用して、制御器または関数パレットのセットをプログラム的に編集することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった