ActiveXコンテナに新しいコントロールを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の手順に従って、ActiveXコンテナ内に新しいActiveXコントロールを作成します。

  1. フロントパネルウインドウにActiveXコンテナを追加します。
  2. ActiveX オブジェクトを選択ダイアログボックスを表示するには、フロントパネルウインドウでActiveXコンテナを右クリックし、ショートカットメニューからActiveXオブジェクトの挿入を選択します。
  3. ActiveXオブジェクトを選択ダイアログボックスにあるプルダウンメニューから、コントロールを作成を選択します。
  4. コンピュータに登録されているリストからActiveXコントロールを選択し、OKボタンをクリックします。ActiveXコントロールがフロントパネルActiveXコンテナに表示されます。
メモ  サーバの検査チェックボックスをオンにすると、LabVIEWはサーバを検査して、コンピュータ上に存在するレジストリ内のサーバのみをリストします。サーバの検査チェックボックスをオフにすると、LabVIEWはサーバを検査せず、レジストリ内のすべてのサーバをリストします。
  1. コントロールまたはドキュメントに関連するActiveXプロパティにアクセスして、コントロールまたはドキュメントのプロパティを設定するか、オブジェクトにメソッドをインボークします。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった