配布用のパッケージを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

パッケージを作成し、NI パッケージマネージャまたはSystemLinkを介してクライアントに配布します。

パッケージを作成する前に、パッケージに含めるソース配布、パックプロジェクトライブラリ、共有ライブラリ、.NETアセンブリ、または実行ファイルを作成します。

メモ  VIは個別に配布できません。
  1. プロジェクトエクスプローラウィンドウで、ビルド仕様を右クリックし、新規→Packageを選択します。
  2. パッケージプロパティダイアログボックスのInformationで、Package nameにパッケージに使用する名前を入力します。パッケージ名は、すべて小文字で指定し、スペースは使用できません。NI パッケージマネージャと他のパッケージは、この名前を使用して、作成されたパッケージを参照します。
  3. Destinationsで、クライアントでパッケージをインストールする出力先フォルダを指定します。
  4. Source Filesで、インストールするファイルまたはビルド仕様出力を指定します。
  5. (Windows 64ビット) システム起動時にアプリケーションを実行させる場合は、Shortcutsで、スタートアップメニューにショートカットを追加できます。また、Windowsのデスクトップまたはプログラムメニューへのショートカットメニューも追加できます。デフォルトでは、LabVIEWは、パッケージに含まれている各アプリケーションのショートカットをWindowsプログラムメニューに追加します。
  6. Package Attributesで、パッケージの表示名および概要を指定します。表示名は、パッケージのインストール時にパッケージマネージャまたはNI SystemLinkで表示されるものです。概要は、ユーザがパッケージをクリックして完全な説明を表示する前に表示される説明の最初の行です。
  7. Dependenciesで、現在インストールされているパッケージの依存項目を指定します。
    1. 依存項目の関係を構成します。依存項目は、requiredrecommended、またはsuggestedとして定義し、バージョン範囲を指定します。
    2. 関連パッケージをインストールするときにパッケージをインストールするようにユーザに指示するには、Include enhanced relationshipチェックボックスをオンにします。
  8. Version Informationで、パッケージのバージョンとユーザに表示するバージョンを指定します。表示バージョンを削除すると、パッケージマネージャに完全バージョンが表示されます。
  9. Advancedで、インストール時およびアンインストール時に、パッケージが実行ファイルまたはスクリプトを実行するように設定します。たとえば、パッケージのインストールまたはアンインストールのプロセスが、特定の処理が完了するまで待機するかどうかを指定できます。
  10. ビルドをクリックします。.nipkgファイル (Windows 64ビット) または.ipkファイル (NI Linux Real-Time)が、指定された出力先に表示されます。

パッケージは、パッケージマネージャまたはSystemLinkを介してクライアントに配布できます。(Windows 64ビット) クライアントは、パッケージマネージャまたはSystemLinkを使用してフィードをサブスクライブして、パッケージをインストールできます。(NI Linuxリアルタイム) クライアントはSystemLinkまたはNI Linuxリアルタイムターゲットのコマンドラインからパッケージをインストールできます。パッケージマネージャは、.ipkファイルをサポートしていません。

関連リンク

NI パッケージマネージャ

NI SystemLink



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった