パスワード保護VIを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIを配布する際、ブロックダイアグラムにパスワード保護を割り当てることができます。ブロックダイアグラムは使用可能ですが、ユーザがブロックダイアグラムを表示または編集するにはパスワードを入力する必要があります。

注意 注意  VIをパスワードで保護しても、ブロックダイアグラムが暗号化されるわけではありません。セキュリティを最大限に高めるには、VIからブロックダイアグラムを削除してください。パスワード保護とブロックダイアグラム削除のセキュリティの違いについては、ni.com技術サポートデータベースを参照してください。

また、VIをロックすると、ユーザはブロックダイアグラムを表示することはできますが、編集できなくなります。ただし、パスワード保護のないロックされたVIではロック解除が可能です。

以下の手順に従って、VIにパスワード保護を設定します。

  1. ファイル→VIプロパティを選択して、VIプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. VIプロパティダイアログボックスのカテゴリプルダウンメニューから保護を選択します。
  3. パスワード保護オプションを選択してパスワードを入力するダイアログボックスを表示します。
  4. 新しいパスワードを入力フィールドにパスワードを入力します。確認のために再度新しいパスワードを入力フィールドに同じパスワードを再度入力します。
  5. OKボタンをクリックします。
メモ  パスワードをVIに適用すると、自動的にLabVIEWパスワードキャッシュにパスワードが格納されます。これにより、パスワードを入力してVIにアクセスして変更を加えることが可能になります。LabVIEWを再起動するか、またはオプションダイアログボックスの環境ページからパスワードキャッシュを消去して、パスワードをキャッシュから削除できます。

また、ソース配布プロパティダイアログボックスを使用してパスワードを追加することもできます。

また、ロック状態を設定メソッドを使用してVIのパスワードを設定することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった