プロパティとメソッドを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

プロパティとは、VI、オブジェクト、またはアプリケーションの属性です。メソッドは、VI、オブジェクト、またはアプリケーションで動作を実行します。プロパティノードは、特定のVI、オブジェクト、またはアプリケーションのプロパティを取得または設定するために使用します。インボークノードは、VI、オブジェクト、またはアプリケーションに対して操作またはメソッドを実行するために使用します。

同じVI、オブジェクト、またはアプリケーションに対して、複数のプロパティおよびメソッドを作成することができます。

プロパティノードやインボークノード、または他の方法でを使用してプロパティやメソッドを作成するには、以下のステップを実行します。

  1. プロパティまたはメソッドを作成するオブジェクトを決めます。以下のいずれかの方法で、オブジェクトのリファレンスを取得します。
    • VI―現在のVIのプロパティまたはメソッドを作成する場合は、リファレンスを取得する必要はありません。他のVIのプロパティまたはメソッドを作成する場合は、「VIリファレンスを開く」関数をブロックダイアグラムに追加します。

      VIリファレンスを開く
    • フロントパネルオブジェクト―オブジェクトのブロックダイアグラム端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→リファレンスを選択して、オブジェクトのリファレンスを作成します。
    • アプリケーション―現在のアプリケーションインスタンスのプロパティまたはメソッドを作成する場合は、リファレンスを取得する必要はありません。他のアプリケーションインスタンスのプロパティまたはメソッドを作成する場合は、「VIリファレンスを開く」関数をブロックダイアグラムに追加します。

      アプリケーションリファレンスを開く
  2. プロパティとメソッドのどちらを作成するか決めます。
    • プロパティを作成する場合は、プロパティノードをブロックダイアグラムに追加します。

      プロパティノード
    • メソッドを作成する場合は、インボークノードをブロックダイアグラムに追加します。

      インボークノード
  3. オブジェクトのリファレンスをノードのリファレンス入力に配線します。ノードは、配線したオブジェクトのクラスを自動的に表示します。使用可能なプロパティおよびメソッドは、オブジェクトのクラスにより異なります。
    メモ メモ  LabVIEWは現在のアプリケーションまたはVIをデフォルトで使用するため、現在のアプリケーションまたはVIのプロパティまたはメソッドを作成する場合は、ノードのリファレンス入力にデータを配線する必要はありません。ただし、ノードを右クリックしてショートカットメニューからクラスを選択を選択することにより、アプリケーションおよびVIのいずれかを手動で選択する必要があります。
  4. 特定のプロパティまたはメソッドを選択して使用するには、ノードの空白スペースをクリックし、表示される階層メニューからプロパティまたはメソッドを選択します。
  5. (オプション)同じプロパティノードで複数のプロパティを取得または設定できます。同じプロパティノードにプロパティを追加するには、ノードの空白スペースを右クリックし、ショートカットメニューから要素を追加を選択するか、位置決めツールを使用してノードをサイズ調整します。
  6. (オプション)プロパティを読み取りから書き込みに変更するには、プロパティを右クリックして、ショートカットメニューから読み取りに変更または書き込みに変更を選択します。
  7. プロパティノードがオブジェクトのリファレンスまたはリファレンスの配列を返す場合、「リファレンスを閉じる」関数を使用してリファレンスを閉じます。
メモ  WhileループまたはForループ内に、オブジェクトのリファレンスを返すプロパティを追加する場合、ループの反復ごとにそのリファレンスを閉じる必要があります。プロパティをループの外側に移動して、ループのすべての反復が実行された後、リファレンスを閉じることができます。

プロパティおよびメソッドを作成するその他の方法

  • クラスブラウザウィンドウを使用して、プロパティおよびメソッドを作成および検索できます。
  • フロントパネルのオブジェクトまたはブロックダイアグラムの端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→プロパティノードまたは作成→インボークノードを選択し、リストからプロパティまたはメソッドを選択して、オブジェクトのプロパティまたはメソッドを作成できます。作成されたプロパティノードやインボークノードはオブジェクトに暗示的にリンクされているため、リファレンスを配線する必要はありません。オブジェクトにラベルがある場合、プロパティにも同じラベルが付けられます。ノードを作成した後、ラベルを変更することができます。メソッドを選択した場合、関連付けられたパラメータがノードに表示されます。
  • (Windows).NETプロパティまたはインボークを作成するには、.NETコンテナまたは.NETリファレンスをノードのリファレンス端子に配線します。
  • ActiveXのプロパティまたはメソッドを作成するには、ActiveXコンテナまたはオートメーションRefnumをノードのリファレンス端子に配線します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった