各フロントパネルオブジェクトの画像を生成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

画像を取得メソッドを使用して、1つのフロントパネルオブジェクトの画像を生成します。「レポートに制御器画像を追加」VIを使用して、レポートにフロントパネルのオブジェクトの画像を追加します。

以下の手順に従って、画像を取得メソッドを使用して、単一のフロントパネルオブジェクトの画像を生成します。

  1. ブロックダイアグラムで、画像を生成する制御器または表示器の端子を右クリックし、ショートカットメニューから作成→インボークノード→画像を取得を選択し、インボークノードを作成します。
  2. 画像深度入力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→定数を選択して、数値定数を作成します。
  3. 数値定数に148、または24を入力し、<Enter>キーを押して、画像のカラー深度を設定します。

    定義
    1 1ビット、白黒画像
    4 4ビット、16色画像
    8 8ビット、256色画像
    24 24ビット、True-Color画像
  4. (オプション)カラーボックス定数を配線するか、または背景色入力に数値のカラー値を配線することで画像の背景色を指定します。
  5. ブロックダイアグラムに以下のVIのうちの1つを追加します。
  6. インボークノードの画像データ出力をグラフィック形式VIの画像データ入力に配線します。
  7. グラフィック形式VIの形式ファイルパス入力を右クリックし、ショートカットメニューから作成→制御器を選択します。ここで、形式は画像のグラフィック形式を示します。
  8. 形式ファイルパスフロントパネル制御器で、画像および画像のファイル名を保存するディレクトリを含むパスを入力します。

VIを実行して、入力したディレクトリに画像を保存します。

以下のブロックダイアグラムは、波形チャートの画像をPNG形式に保存します。

また、インボークノードを含むサブVIを作成し、制御器リファレンスをサブVIに配線します。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった