パレットセットでサブパレットを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

以下の手順に従って、制御器および関数パレットで新規の空のサブパレットを挿入します。サブパレットを作成した後、そのサブパレットにオブジェクトを追加することができます。

  1. パレットセットに追加する各新規オブジェクトにアイコンを作成します。
  2. ツール→上級→パレットセットを編集を選択して、制御器および関数パレットセットを編集ダイアログボックスを表示します。
  3. パレットを右クリックしてショートカットメニューから挿入→サブパレットを選択し、サブパレットを挿入ダイアログボックスを表示します。
  4. 新規パレットファイルを作成を選択して新規の空のパレットを挿入し、OKボタンをクリックします。
  5. 表示されるファイルダイアログボックスに、.mnuファイルに使用する名前を入力します。ファイル名にそのファイルがパレットであることを示す.mnu拡張子を追加します。作成したサブパレットは、それぞれ別の.mnuファイルに保存する必要があります。
  6. OKボタンをクリックします。パレット項目名を編集ダイアログボックスが表示されます。
  7. 新規のサブパレットの名前を入力しOKボタンをクリックします。新規の空のサブパレットがパレット上に表示されます。

空のサブパレットまたはLabVIEWが検索できない項目のみを含むサブパレットは、パレット編集時にのみ表示されます。パレットでアイコン形式が使用される場合、パレット上の疑問符(?)によってLabVIEWがパレットでオブジェクトを検出できないことが示されます。パレットでテキスト形式が使用される場合、ピンで固定されたパレットではX記号の付いたオブジェクト、一時表示パレットでは淡色表示のオブジェクトによってLabVIEWがパレットでオブジェクトを検出できないことが示されます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった