タブ制御器を作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

タブ制御器を使用して、フロントパネル制御器および表示器を狭い領域内で重ね合わせることができます。タブ制御器は、ページとタブで構成されています。タブ制御器のページにフロントパネルオブジェクトを追加し、各ページを表示するセレクタとしてタブを使用します。

以下の手順に従って、タブ制御器を作成します。

  1. フロントパネルウィンドウにタブ制御器を追加します。
  2. ページを切り替えるには、操作ツールを使用して希望のページのタブをクリックします。また、タブを右クリックし、ショートカットメニューからページを交換または他のページにジャンプを選択することでページを切り替えることができます。
  3. アクティブなページにフロントパネルのオブジェクトを追加します。ページは、そのページのタブがページと同一平面にあり、オブジェクトが表示されている場合にアクティブになります。タブ制御器に追加する制御器および表示器の端子は、その他のブロックダイアグラムの端子と同じように表示されます。
ヒント  タブ制御器のページにオブジェクトを追加する場合、ブロックダイアグラムウィンドウを頻繁に開いて、新しく追加された端子を整理します。タブ制御器に複数のオブジェクトを追加する際、ブロックダイアグラムの端子が乱雑になることがあります。

ブロックダイアグラムでは、タブ制御器は列挙体の制御器または表示器です。制御器として、アクティブなページの値をその他のブロックダイアグラムノードに渡すことができます。表示器としてページが表示されている制御器へノードを配線することができます。タブ制御器の操作にタブ制御器の端子を配線する必要はありません。

ヒント  タブ制御器の列挙体制御器の端子をケースストラクチャのセレクタに接続し、整頓されたブロックダイアグラムを生成することができます。この方法で、タブ制御器の各ページをケースストラクチャのサブダイアグラムと関連付けることができます。ブロックダイアグラムのノード、およびそれらの端子に関連付けられたワイヤと同様に、タブ制御器の各ページの制御器および表示器の端子をケースストラクチャのサブダイアグラムに追加します。VIのコンポーネントを連続実行する必要がある際に、ストラクチャは一度に1つのケースのみを実行するため、制御器が隠されている場合でもケースストラクチャは使用しないでください。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった