タイプ定義および指定タイプ定義を作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

タイプ定義または指定タイプ定義とは、そのカスタム制御器または表示器用に保存したファイルにリンクするカスタム制御器または表示器です。カスタム制御器または表示器をタイプ定義として保存する場合、タイプ定義で行ったデータタイプの変更はそれを使用するすべてのVIのタイプ定義のすべてのインスタンスに影響します。カスタム制御器または表示器を指定タイプ定義として保存する場合は、指定タイプ定義で行ったデータタイプおよび装飾的な変更は指定タイプ定義のすべてのフロントパネルインスタンスに影響します。しかし、指定タイプ定義を変更すると、定数としてブロックダイアグラム上に配置したインスタンスはリンクが指定ではないように動作し、LabVIEWは定数をデータタイプの変更でのみ更新します。

以下の手順に従って、タイプ定義または指定タイプ定義を作成します。

  1. タイプ定義に指定する制御器、表示器、または定数を右クリックして、ショートカットメニューからタイプ定義に指定を選択します。
  2. タイプ定義のインスタンスを右クリックして、ショートカットメニューからタイプ定義を開くを選択して、制御器エディタウィンドウを表示します。
  3. (オプション)指定タイプ定義を作成する場合は、ツールバーの制御器タイププルダウンメニューから指定タイプ定義を選択します。
  4. 制御器または表示器に必要な変更を加えます。制御器または表示器のサイズ、カラー、要素の相対位置の変更または画像のインポートなどが可能です。
  5. ファイル→変更を適用を選択して、制御器または表示器に変更を適用します。変更を適用メニュー項目は、制御器または表示器に変更を追加した後のみ有効になります。制御器または表示器に変更を加えて、ファイル→変更を適用を選択せずに制御器エディタウィンドウを閉じようとした場合、変更を保存するかどうかを確認するメッセージが表示されます。
  6. ファイル→保存を選択して、タイプ定義または指定タイプ定義として制御器または表示器を保存します。タイプ定義または指定タイプ定義は、ディレクトリまたはLLBに保存することができます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった