オブジェクトの説明とヒントラベルを作成する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

制御器や表示器などのオブジェクトの説明を作成して、オブジェクトの目的およびオブジェクトの使用方法をユーザに提供します。オブジェクトの説明は、生成するVIのドキュメント、またはオブジェクト上にカーソルを移動した際は詳細ヘルプウィンドウに表示されます。ヒントラベルは、VIの実行中にオブジェクトの上にカーソルを移動すると表示される簡単な記述です。

以下の手順に従って、オブジェクトに関する説明やヒントラベルを入力します。

  1. フロントパネルまたはブロックダイアグラムにオブジェクトを追加します。
  2. そのオブジェクトにラベルを付けます
  3. 数値オブジェクトを右クリックし、ショートカットメニューから説明とヒントを選択し、説明とヒントダイアログボックスを表示します。
  4. 説明テキストボックスにオブジェクトの説明を入力します。説明テキストボックスでは、オブジェクトに入力したラベルが使用されます。ヒントラベルが機能するために、説明情報を入力する必要はありません。説明には、太字のフォーマットを追加することができます。
メモ  関数パレット上のVIまたは関数の説明は、説明とヒントダイアログボックスのみに表示されます。これらの説明は詳細ヘルプウィンドウに表示されません。
  1. ヒント テキストボックスには、オブジェクトのヒントラベルを最大255文字まで入力することができます。ヒント テキストボックスでは、そのオブジェクトに入力したラベルが使用されることに注目してください。
メモ  ヒントテキストボックスは、制御器、表示器、または定数にのみ利用できます。VIまたは関数にはヒント情報を入力できません。
  1. OKボタンをクリックし、説明およびヒントラベルを保存します。

また、説明ヒントラベルプロパティを使用して、説明とヒント情報をプログラム的に変更することができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった