アプリケーションおよび共有ライブラリをデバッグする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

アプリケーションビルダで作成するスタンドアロンアプリケーションおよび共有ライブラリをデバッグします。

メモLabVIEWプロフェッショナル開発システムにはアプリケーションビルダが含まれています。LabVIEWベースパッケージまたは開発システムをご使用の場合は、ナショナルインスツルメンツのウェブサイトからアプリケーションビルダを別途購入いただけます。

以下の手順に従って、スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリをデバッグします。

メモ  アプリケーションおよび共有ライブラリをデバッグする場合、「VIリファレンスを開く」関数で作成される再入可能パネル、またLabVIEWに組み込まれた共有ライブラリへのエントリポイントの再入可能パネルをデバッグすることはできません。また、ダイアグラム無効ストラクチャ内のサブVIはデバッグできません。アプリケーションのデバッグ中、ダイアグラム無効ストラクチャ内のサブVIは疑問符で表示されますが、ダイアグラム無効ストラクチャのコードは実行されないため、デバッグ操作には影響ありません。
  1. アプリケーションまたは共有ライブラリを作成する前に、ビルド仕様でデバッグを有効にする必要があります。アプリケーションでは、アプリケーションプロパティダイアログボックスの上級ページのデバッグを許可チェックボックスをオンにします。共有ライブラリでは、共有ライブラリプロパティダイアログボックスの上級ページのデバッグを許可チェックボックスをオンにします。デバッグを有効にすると、デバッグを実行できるようにビルド内のVIのブロックダイアグラムが保持されます。
  2. デバッグツールを実行するまでアプリケーションまたは共有ライブラリの実行を待機する場合、起動時にデバッガを待機チェックボックスをオンにします。
  3. アプリケーションまたは共有ライブラリを作成します。
  4. ビルドアプリケーションを実行するか、LabVIEWの外から共有ライブラリを呼び出します。
  5. プロジェクトエクスプローラウィンドウで操作→アプリケーションまたは共有ライブラリをデバッグを選択して、アプリケーションまたは共有ライブラリをデバッグダイアログボックスを表示します。ダイアログボックスにデバッグが有効のアプリケーションおよび共有ライブラリのリストが表示されます。
  6. デバッグするアプリケーションまたは共有ライブラリを別のコンピュータで実行している場合は、マシン名またはIPアドレステキストボックスでコンピュータ名を入力します。更新ボタンをクリックすると、リモートコンピュータでデバッグが有効のアプリケーションまたは共有ライブラリのリストが表示されます。
  7. デバッグするアプリケーションまたは共有ライブラリを選択します。
  8. 接続ボタンをクリックするとデバッグが実行されます。アプリケーションまたは共有ライブラリをダウンロードすると、デバッグ用にスタートアップVIのフロントパネルが表示されます。起動時にデバッガを待機が有効な場合は、実行ボタンをクリックしてアプリケーションまたは共有ライブラリを開始する必要があります。
  9. アプリケーションまたは共有ライブラリをデバッグするには、スタートアップVIのブロックダイアグラムを使用します。プローブ、ブレークポイント、その他のデバッグ方法を使用して、問題を特定化します。この後、デバッグ実行中に検出された問題を修正することができます。
メモ  アプリケーションと作成されていない共有ライブラリまたはデバッグしたい共有ライブラリのライブラリ関数呼び出しノードを使用するカスタムプローブでデバッグしている場合、デバッグしたいアプリケーションまたは共有ライブラリと同じディレクトリに共有ライブラリを配置する必要があります。
  1. デバッグ操作が終了したら、リモート制御されるアプリケーションまたは共有ライブラリを終了するスタートアップVIを閉じます。スタートアップVIを終了せずにリモート制御中のアプリケーションまたは共有ライブラリの接続を切断する場合、スタートアップVIを右クリックしてショートカットメニューからリモートデバッギング→デバッグセッションを終了を選択します。

以下の例は、デバッグ可能なアプリケーションまたはランタイムライブラリが見つかりませんでしたというエラーが発生する可能性があります。

  • アプリケーションによってデバッグ可能なアプリケーションまたは共有ライブラリがロードされなかったか、またはデバッグ可能な共有ライブラリがロードされませんでした。
  • アプリケーションビルダで作成された共有ライブラリまたはアプリケーションの構成(ini)ファイルは、共有ライブラリまたはアプリケーションを使用して配布されませんでした。



「アプリケーションの作成および配布」ホーム



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった