.NETアセンブリの呼び出しをデバッグする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

使用したいバージョンではないアセンブリがLabVIEWのメモリにあると、.NETオブジェクトで予期しない動作が発生することがあります。このような.NETアセンブリの競合を診断するには、メモリ内の.NETアセンブリダイアログボックスを使用します。このダイアログボックスにはメモリにあるアセンブリの識別情報が表示されるため、正しいバージョンのアセンブリがLabVIEWにロードされているか確認できます。

.NETアセンブリの呼び出しをデバッグするには、次のステップを実行します。

  1. LabVIEWにロードしたいアセンブリの名前、バージョン名、ディスク上の場所を確認します。アセンブリがLabVIEWのアセンブリ検索パス内にあることを確認します。
  2. 表示→メモリ内の.NETアセンブリを選択して、メモリ内の.NETアセンブリダイアログボックスを表示します。
  3. ダイアログボックスで、ロードしようとしているアセンブリの名前を見つけます。
  4. ダイアログボックス上のアセンブリの情報とステップ1で確認したアセンブリの識別情報が同じかどうか確認します。同じであっても、アセンブリへの最新変更がLabVIEWに反映されていない場合は、最新のアセンブリをLabVIEWに強制的にロードする必要がある場合もあります。
  5. 次の方法の1つを使用して、メモリ内のアセンブリを希望のアセンブリで置き換えます。
  6. アセンブリを呼び出すプロジェクトをいったん閉じてから、再度開きます。これの操作により、アセンブリの正しくないバージョンがLabVIEWから強制的にアンロードされた後、正しいバージョンがロードされます。
    メモ  正しくないアセンブリをロードしたVIがプロジェクトに含まれていない場合は、LabVIEWを再起動して正しくないアセンブリをメモリから除去する必要があります。ナショナルインスツルメンツは、.NETオブジェクトをLabVIEWプロジェクトのみで使用することを強く推奨します。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった