アプリケーションの開発および配布



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

必須条件: アプリケーションビルダまたはプロフェッショナル開発システム

LabVIEWプロジェクトを配布可能なアプリケーションに変換して、他のコンピュータで使用したり他のプログラミング言語で使用したりすることができます。このドキュメントの手順を実行して次のタイプの配布可能アプリケーションのいずれかを作成します。

  • スタンドアロンアプリケーション
  • インストーラ
  • .NET Interopアセンブリ
  • パッケージ
  • パックプロジェクトライブラリ
  • 共有ライブラリ
  • ソース配布
  • zipファイル

アプリケーションを作成するための準備をする

  1. アプリケーションの作成に使用するLabVIEWプロジェクトを開きます。

    アプリケーションは個別のVIからではなく、プロジェクトから作成する必要があります。
  2. すべてのVIが最新バージョンのLabVIEWで保存されるようにプロジェクト全体を保存します。
  3. 各VIのVIプロパティダイアログボックスの設定を確認します。

    アプリケーションを配布する場合は、VIプロパティダイアログボックスにある設定がVIのビルドバージョンに対して正確であることを確認します。たとえば、ビルドアプリケーションの外観を整えたい場合、VIプロパティダイアログボックスの次のページ上の設定を確認します。
    メモ アプリケーションのVIに分離されたコンパイルコードがある場合、それらのVIの設定をアプリケーションのプロパティダイアログボックスのソースファイル設定ページで構成できます。
  4. 開発環境で使用したパスが出力先コンピュータでも正しく動作することを確認してください。

    プロジェクトでVIが動的にロードされる場合、絶対パスではなく相対パスを使用してVIの場所を指定します。ファイル階層はコンピュータによって異なるため、相対パスを使用することで開発環境とアプリケーションを実行する出力先コンピュータの両方でパスが正しく機能します。
    メモ アプリケーションが8.xファイルレイアウトを使用する場合、出力先コンピュータで開発環境の相対パスと異なる相対パスを使用する必要があります。


    また、ビルドプロセス中にエラーを受信することを回避するには、ビルド用に生成されたファイル名を含む出力先ディレクトリのファイルパスが255文字以下であることを確かめます。作成しているビルド仕様のプロパティダイアログボックスにある出力先ページで、生成されたファイルの出力先を指定できます。
  5. 「現在のVIのパス」関数が予測されるパスを返すことを確認します。

    スタンドアロンアプリケーションまたは共有ライブラリでは、「現在のVIのパス」関数はアプリケーションファイルでVIへのパスを返して、アプリケーションファイルをLLBとして処理します。

    たとえば、アプリケーションにfoo.viを作成する場合、関数はC:\..\Application.exe\foo.viのパスを返します。ここで、C:\..\Application.exeはアプリケーションとそのファイル名へのパスを示します。
  6. VIサーバプロパティとメソッドがLabVIEWランタイムエンジンで予測どおり動作すること確認します。

    LabVIEWランタイムエンジンは一部のVIサーバプロパティとメソッドをサポートしません。そのため、アプリケーションまたは共有ライブラリに含めるVIのプロパティまたはメソッドを使用することを避けてください。

    VI Analyzerツールキットでビルドアプリケーションの互換性を実行してVIサーバプロパティがLabVIEWランタイムエンジンと互換性があることを確認できます。
  7. VIにMathScriptノードが含まれる場合、スクリプトからサポートされていない関数をすべて削除します。

    (MathScript RTモジュール)MathScript RTモジュール関数には、LabVIEWランタイムエンジンでサポートされていないものもあります。VIにMathScriptノードが含まれる場合、スクリプトからサポートされていない関数をすべて削除します。(MathScript RTモジュール、Windows) VIにライブラリクラスから関数を呼び出すMathScriptノードが含まれている場合、ビルド仕様を作成または編集する前に、DLLおよびヘッダファイルをプロジェクトに追加します。また、アプリケーションでこれらのファイルへのパスが正しいことを確認します。

ビルドアプリケーションの仕様を構成する

メモ フロントパネル制御器のカスタムランタイムメニューを個別のランタイムメニューファイルまたは.rtmファイルとして保存してこの制御器をアプリケーションビルドに含めたい場合、.rtmファイルをアプリケーションのプロパティダイアログボックスのソースファイルページにある常に含むリストボックスに追加する必要があります。
  1. ビルド仕様を作成します。

    プロジェクトエクスプローラウィンドウのマイコンピュータを展開します。ビルド仕様を右クリックし、ショートカットメニューから新規→アプリケーションタイプを選択して、アプリケーションプロパティダイアログボックスを表示します。プロジェクトエクスプローラウィンドウでビルド仕様が非表示にされている場合、ビルド仕様にアクセスするには、再度項目を表示する必要があります。
  2. アプリケーションのプロパティダイアログボックスからビルド仕様の必要なページを構成します。
    メモ インストーラ内にアプリケーションを含めたい場合、アプリケーション内のすべてのファイルがアプリケーションのプライマリ出力先を基準としていることを確認してください。そうでない場合、アプリケーションのビルド出力をインストーラに含むと、インストーラはプライマリ出力先を基準としないすべてのファイルを移動してアプリケーションの元の構成を認識します。すべてのタイプのアプリケーションで、プライマリ出力先はプロパティダイアログボックスの出力先ページで指定できます。


    次のリストから作成するアプリケーションのタイプを選択します。

    スタンドアロンアプリケーション

    インストーラ

    .NET Interop アセンブリ

    開発コンピュータに.NET Framework 4.0がインストールされている場合は、アプリケーションビルダを使用して.NET interopアセンブリをビルドすることができます。

    パッケージ

    パックプロジェクトライブラリ

    共有ライブラリ

    ソース配布

    Zipファイル

    • 必要構成
    • 推奨構成
    • 追加情報
      • Zipファイルプロパティダイアログボックスのソースファイルページからプロジェクト全体をZipオプションを選択した場合、LabVIEWは別のビルド仕様からの出力を自動的に含まれた項目ツリーに含みます。Zipファイルにソース配布、共有ライブラリ、アプリケーションを追加するには、矢印ボタンをクリックします。
      • zipまたはインストーラビルド仕様の出力はソースファイルページのプロジェクトファイルツリーに表示されません。Zipファイルに、別のZipファイルやインストーラを追加するには、LabVIEWプロジェクトのZipファイルをビルドするターゲットに、追加するZipファイルやインストーラを追加します。
      • Zip」VIまたは「ビルド」VIを使用して、Zipファイルをプログラム的に作成できます。Zip VIを使用するには、zipファイルに含むすべてのファイルの相対パスが必要です。
  3. 動的にロードされたVIをビルド仕様に明示的に含めます。

    VIがVIサーバを使用して動的に他のVIをロードする、または動的にロードされたVIをリファレンス呼び出しまたは非同期呼び出しを開始ノードを介して呼び出す場合、それらのVIをアプリケーションのプロパティダイアログボックスのソースファイルページにある常に含むリストボックスに追加する必要があります。



    アプリケーションの動的にロードされたVIはソース配布に含むことで配布することもできます。
  4. ビルド仕様の更新された設定を保存します。

    OKボタンをクリックし、プロジェクトのビルド仕様を更新して、ダイアログボックスを閉じます。ビルド仕様名は、プロジェクトのビルド仕様の下に表示されます。

    ビルド仕様に加える変更を保存するには、そのビルド仕様を含むプロジェクトを保存する必要があります。

アプリケーションを作成する

作成したいアプリケーションのビルド仕様名を右クリックして、ショートカットメニューからビルドを選択します。アプリケーションは、「ビルド」VIまたはExecuteBuildSpecコマンドライン操作を使用して、プログラム的に作成することもできます。

ヒント  アプリケーションのプレビュー機能を使用して正しく表示されるか確認できます。アプリケーションのプロパティダイアログボックスのプレビューページから、プレビューを生成ボタンをクリックしてアプリケーションの生成ファイルを表示できます。

ビルドアプリケーションを配布する

  1. アプリケーションを実行するコンピュータがLabVIEWランタイムエンジンへアクセスできることを確認します。

    ユーザがアプリケーションまたは共有ライブラリを使用するコンピュータにLabVIEWランタイムエンジンがインストールされている必要があります。LabVIEWランタイムエンジンは、アプリケーションまたは共有ライブラリと共に配布することができます。(Windows)LabVIEWランタイムエンジンは、インストーラに含めることもできます。
  2. エンドユーザ用の法的情報を配布します。

    インストーラを使用してアプリケーションを配布する場合、インストーラプロパティダイアログボックスのダイアログ情報ページにあるカスタム使用許諾契約書の情報を入力します。

    NI製品で作成したインストーラに法律情報を組み込む方法については、<National Instruments>\Legal Information.txtを確認してください。
  3. 次の表でLabVIEWビルドアプリケーションの配布に関するヒントを参照してください。
    動作利点
    ビルドアプリケーションが正しく動作してることを確認するには、アプリケーションのプロパティダイアログボックスの上級ページにあるデバッグを許可チェックボックスをオンにしてデバッグ機能を有効にします。また、操作→アプリケーションまたは共有ライブラリをデバッグを選択してビルドアプリケーションに接続することができます。ビルドアプリケーションをテストする場合は、開発環境と配布アプリケーション間で動作に差異がないことを確認します。
    アプリケーションのテスト後にVIのデバッグ機能を無効にします。VIのデバッグ機能を無効にすることで、ファイルサイズを削減してランタイム性能を向上できます。
    スタンドアロンアプリケーションのバージョン情報ダイアログボックスを作成します。ほとんどの本格的なアプリケーションには、バージョン情報、著作権、サポート情報などのアプリケーション情報を記載したバージョン情報ダイアログボックスが含まれます。
    エンドユーザの使用する言語が元のアプリケーションの言語と異なる場合、デフォルト言語設定をアプリケーションのプロパティダイアログボックスのランタイム言語ページで変更します。配布されたアプリケーションでは、ダイアログボックスとメニューの言語は使用するオペレーティングシステムの言語を採用しますが、導入するテキストと制御器では元のアプリケーションを作成したオペレーティングシステムの言語が保持されます。

    デフォルトでは、スタンドアロンアプリケーションと共有ライブラリビルド仕様は、中国語(簡体字中国語)、英語、フランス語、ドイツ語、日本語、韓国語をサポートしています。

    アプリケーションが他のアプリケーションと同じVIサーバポートを使用する場合、カスタム構成ファイルを作成します。アプリケーションが競合する他のアプリケーションと同時にVIサーバを必要とする場合、VIサーバは実行されずLabVIEWも警告を表示しません。
    ビルドアプリケーションと一緒にカスタム構成ファイルも配布してください。アプリケーションが常に特定のLabVIEW環境設定で実行するようにするには、カスタム構成ファイル(環境設定ファイル)をアプリケーションと一緒に配布することでこれらの設定を保持して再配布することができます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった