カスタムドラッグアンドドロップ動作を実装する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWでは標準でテキストベース制御器でドラッグアンドドロップ動作を行えますが、非テキストベース制御器を含むあらゆる制御器におけるカスタムのドラッグアンドドロップ動作をプログラム的に実装することができます。ドラッグアンドドロップ操作をドラッグアンドドロップイベントによって実装すると、以下を実現できます。

  • ユーザによる非テキストベース制御器間でのデータのドラッグアンドドロップを可能にする
  • テキストベース制御器でのカスタムドラッグアンドドロップ動作を構成する
メモ メモ  これらのトピックでは、読者がイベントストラクチャ、プロパティメソッドについての知識を持っていることを前提として説明が進められます。

カスタムドラッグアンドドロップ動作を実装するには、以下の手順に従ってください。

  1. ドラッグソースとドロップターゲットに使用する制御器を指定する
  2. ユーザの操作によるドラッグアンドドロップイベントの発生を検出するようVIを構成する
  3. ユーザによるドラッグアンドドロップ操作の中断を検出する
  4. ドラッグデータを作成してドラッグアンドドロップ操作を開始する
  5. ドロップターゲットがドラッグデータを受け取れることを確認する
  6. ドロップターゲットをドラッグデータで更新する
  7. VIの停止タイミングを決定する
メモ メモ  これらのトピックでは、ブロックダイアグラムを見やすくし、カスタムドラッグアンドドロップ動作の実装に焦点を当てるために、ブロックダイアグラムからエラー処理プロセスが省略されています。エラーが発生した原因と場所を特定するには、エラー処理メカニズムが必要です。

追加サンプル

ドラッグアンドドロップイベントを使用してドラッグアンドドロップ動作を実装する例については、labview\examples\Structures\Event StructureディレクトリにあるDrag and Drop - Passing Custom Drag Data VIを参照してください。

プロットまたはグラフにドラッグアンドドロップ動作を実装する例については、labview\examples\Structures\Event StructureディレクトリにあるDrag and Drop - Initiating a Custom Drag VIを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった