イベント登録を動的に変更する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

イベントをダイナミック登録した場合、LabVIEWがイベントを登録するタイミングやイベントを生成するオブジェクトを変更するために登録情報を編集することができます。たとえば、フロントパネルの制御器上でのマウス移動をダイナミック登録することができます。また、LabVIEWがユーザが特定のボタンを最初にクリックしたときのみこのイベントを生成するように登録を編集することもできます。

メモ メモ  スタティック登録したイベントを実行時に変更することはできません。

次の手順を実行して登録情報を変更します。

  1. 特定の状況でのみ発生させるイベントのプレースホルダを作成する
  2. LabVIEWがイベントを登録するタイミングを指定するイベントケースを作成する
  3. すべてのイベント登録を解除する前にそのイベント登録を解除する

サンプル

イベントをダイナミック登録するサンプルについては、labview\examples\Dialog and User Interface\Events\Events.lvprojを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった