VIスクリプトを有効にする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

VIスクリプトパレットを表示して関連するプロパティとメソッドを使用するには、VIスクリプトを有効にする必要があります。LabVIEWでVIスクリプトを有効にするには、以下の手順に従ってください。

  1. ツール→オプションを選択してオプションダイアログボックスを表示します。
  2. カテゴリリストからVIサーバを選択します。
  3. VIスクリプトの関数、プロパティ、およびメソッドを表示チェックボックスをオンにします。
    メモ メモ  VIスクリプトの追加情報を詳細ヘルプに表示チェックボックスは、デフォルトで選択されています。このオプションは、VIの参照や編集に役立つVIスクリプトのコネクタペーン情報を表示します。
  4. OKボタンをクリックして変更を適用して、オプションダイアログボックスを閉じます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった