I/O制御器および表示器



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

I/OおよびクラシックI/OパレットにあるI/O制御器をデータ集録、アプリケーション間のデータ共有、計測器制御用の関数と使用します。I/O制御器を使用して、通信を行う計測器またはデバイスリソースを指定することができます。

  • 波形制御器を使用して、解析と表示用に集録データを維持します。
  • DAQmx名前制御器パレットの制御器とMeasurement & Automation Explorer (MAX) およびDAQアシスタントを使用して、構成するタスク、グローバルチャンネル、物理チャンネル、端子、スケール、デバイス、スイッチリソースにアクセスします。
    メモ メモ  (Windows)LabVIEWはNI-DAQmxおよびDAQアシスタントをサポートしています。(Linux)LabVIEWでは、NI-DAQmxがサポートされていますがDAQアシスタントはサポートされていません。(macOS) LabVIEWでは、NI-DAQmx BaseがサポートされていますがDAQアシスタントはサポートされていません。
  • VISAリソース名およびIVI論理名制御器とMAXを使用して、構成するVISAエイリアスまたは論理名にアクセスします。
  • FieldPoint I/OポイントとMAXを使用して、作成および構成するFieldPoint項目にアクセスします。
  • IMAQセッションは画像集録ボードと使用します。
  • モーションリソースI/O制御器とMAXを使用して、構成するモーションリソースにアクセスします。MAXで構成する項目のすべては、I/O制御器プルダウンメニューにオプションとして表示されます。
  • また、シェア変数制御器を使用して、VIで使用するためにシェア変数を選択、参照、入力することができます。
  • パレットのその他の制御器を使用して、それぞれに関連付けられた名前やリソースにアクセスできます。

I/O制御器を選択した後、デバイスまたは計測器と通信するI/O VIと使用するように構成します。

メモ  多くのI/O名制御器は、すべてのプラットフォームで利用できます。プラットフォーム特有のデバイスと通信できる任意のプラットフォームでI/O VIを開発することが可能です。ただし、プラットフォーム固有のI/O制御器を持つVIをそのデバイスをサポートしないプラットフォームで実行すると、エラーが発生します。

一部の制御器では、複数の定義名を選択できます。複数の定義済みの名前を選択するには、操作ツールを使用して制御器をクリックして、プルダウンメニューから参照を選択して、<Ctrl>キーを押します。(macOS) <Option>キーを押します。(Linux)<Alt>キーを押します。

LabVIEWアドオンの詳細については、各ツールキット、モジュール、ドライバのドキュメントを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった