ActiveXコンテナ内に既存のActiveXドキュメント/ActiveXコントロールを挿入する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

以下の手順に従って、フロントパネルのActiveXコンテナ内に既存のActiveXコントロールまたはドキュメントを挿入します。

  1. フロントパネルウインドウにActiveXコンテナを追加します。
  2. ActiveXコンテナを右クリックします。
  3. ショートカットメニューからActiveXオブジェクトの挿入を選択して、ActiveXオブジェクトを選択ダイアログボックスを表示します。
  4. ActiveXオブジェクトを選択ダイアログボックスの最上段のプルダウンメニューから、ファイルからオブジェクトを作成を選択します。
  5. 参照ボタンをクリックして、挿入するドキュメントまたはコントロールを検索します。コンピュータ上の任意の場所にあるオブジェクトを選択できます。ファイルにリンクチェックボックスをオンにして、ActiveXオブジェクトを更新する際ドキュメントまたはコントロールを更新します。ファイルにリンクチェックボックスをオンにしないと、LabVIEWはドキュメントまたはコントロールのスタティックバージョンを挿入します。
  6. OKボタンをクリックします。ActiveXコントロールまたはドキュメントがActiveXコンテナに表示されます。


この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった