ラベルを付ける



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

VIをドキュメント化するには、以下のタイプのラベルを使用します。

  • フリーラベル―ブロックダイアグラムのコードをドキュメント化したり、フロントパネルに使用方法を表示したりするのに使用します。ブロックダイアグラム上で添付コメントを作成するには、フリーラベルをブロックダイアグラムオブジェクトに添付します。
  • 付属ラベル―フロントパネルまたはブロックダイアグラム上の特定のオブジェクトにラベルを付けます。付属ラベルは、特定のオブジェクトに所属します。付属ラベルを非表示にすることはできますが、ラベル単独でコピーまたは削除を行うことはできません。
  • キャプション―オブジェクトの名前付きラベルに含めることができない指示や情報を表示します。また、ラベルの代わりにキャプションを使用すると、VIを壊さずにVIをローカライズすることができます。
  • ブールテキスト―制御器または表示器の値に応じて変化する、ブール制御器または表示器のラベルを作成します。

ラベルは、作成後に編集することができます。また、付属ラベルおよびキャプションを移動したり、ラベルのテキストの特性を変更したりすることができます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった