プロジェクトライブラリを保護する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWプロジェクトライブラリをロックまたはパスワード保護して、編集権限を制限することができます。プロジェクトライブラリをロックすると、ユーザはプライベートとして設定された項目を追加または削除したり、それらの項目を表示することができません。プロジェクトライブラリにパスワードを割り当てると、ユーザはパスワードなしでは項目を追加または削除したり、プロジェクトライブラリプロパティを編集できません。ユーザはプロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスを開くことはできますが、保護オプションを除くすべてのダイアログボックスの構成要素が無効になります。プロジェクトライブラリのロックを解除するか、またはパスワードを入力してダイアログボックスの構成要素を有効にする必要があります。

メモ  プロジェクトライブラリをパスワードで保護しても、そのプロジェクトライブラリが所有するVIはパスワード保護されません。各VIにパスワード保護を割り当てる必要があります。

以下の手順に従って、プロジェクトライブラリの保護レベルを設定します。

  1. プロジェクトエクスプローラまたはスタンドアロンプロジェクトライブラリウィンドウでプロジェクトライブラリアイコンを右クリックし、ショートカットメニューからプロパティを選択してプロジェクトライブラリプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. 保護ページで、プロジェクトライブラリに適用するオプションとして以下の1つを選択します。
    • ロックなし(パスワードなし)―ユーザはプロジェクトライブラリが所有するパブリックおよびプライベート項目を表示し、プロジェクトライブラリとそのプロパティを編集することができます。
    • ロック(パスワードなし)―ユーザはプロジェクトライブラリからの項目の追加または削除、プロジェクトライブラリプロパティの編集、またはプロジェクトライブラリが所有するプライベート項目の表示を行うことができません。たとえば、プロジェクトライブラリを開発中でプライベートファイルを誰にも表示したくない場合、プロジェクトライブラリをロックする必要があります。
    • パスワード保護―ユーザはプロジェクトライブラリから項目を追加または削除する、プロジェクトライブラリプロパティを編集する、またはプロジェクトライブラリが所有するプライベート項目を表示することはできません。プロジェクトライブラリを編集するには、ユーザがパスワードを入力する必要があります。たとえば、プロジェクトライブラリを開発中で、開発チームの限られた人のみに編集する権限を与えたい場合、プロジェクトライブラリのパスワードを設定して、パスワードを編集を許可したい人に渡します。
  3. パスワード保護を選択し、パスワードを入力するボタンをクリックしてパスワードを入力します。
  4. 認証ダイアログボックスにパスワードを入力し、確認をクリックします。
  5. OKボタンをクリックし、変更をプロジェクトライブラリに反映させて、ダイアログボックスを閉じます。
メモ  パスワードをプロジェクトライブラリに適用すると、自動的にLabVIEWパスワードキャッシュにパスワードが格納されます。これにより、パスワードを入力してプロジェクトライブラリにアクセスして変更を加えることが可能になります。LabVIEWを再起動するか、またはオプションダイアログボックスの環境ページからパスワードキャッシュを消去して、パスワードをキャッシュから削除できます。

また、ロック状態: 設定メソッドを使用して、保護オプションをプログラム的に構成することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった