サブパネル制御器にフロントパネルをロードする



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2015ヘルプ
LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ

サブパネル制御器を使用して、現在のVIのフロントパネルに他のVIのフロントパネルを表示します。たとえば、サブパネル制御器を使用して、ウィザードのような動作をするユーザインタフェースを設計することができます。戻るボタンおよび次へボタンを上位レベルのフロントパネルに追加して、サブパネル制御器を使用して、ウィザードの各手順で異なるフロントパネルをロードします。

以下の手順に従って、サブパネル制御器でフロントパネルをロードします。

  1. フロントパネルにサブパネル制御器を追加します。LabVIEWは選択されたVIを挿入メソッドとインボークノードをブロックダイアグラムに作成します。
  2. ブロックダイアグラムのインボークノードの左側に「VIリファレンスを開く」関数を追加します。
  3. 「VIリファレンスを開く」関数のVIパス入力にフロントパネルをロードするVIのパスを配線します。
  4. 「VIリファレンスを開く」関数のVIリファレンス出力を右クリックして、ショートカットメニューから作成→メソッド→VIを実行を選択して、「VIリファレンスを開く」関数の右側のカーソルに表示されるインボークノードを追加します。
  5. 「VIリファレンスを開く」関数のVIリファレンス出力をVIを実行メソッドのVIリファレンス入力に配線します。
  6. VIを実行メソッドの終了まで待機入力を右クリックして、ショートカットメニューから作成→定数を選択して、FALSEの値を含むブール定数を作成します。
  7. Run VIメソッドのVIリファレンス出力をVIを挿入メソッドのVI Ref入力に配線します。
  8. WhileループをVIを挿入メソッドの右側に追加します。
  9. Whileループでは、条件端子を右クリックして、ショートカットメニューから制御器を作成を選択して、停止ボタンを作成します。
  10. 次のミリ秒倍数まで待機」関数をWhileループの内側に追加して、数値定数をミリ秒入力に配線します。VIが実行する際、経過時間をミリ秒数で指定します。
  11. Whileループの右側に「リファレンスを閉じる」関数を追加します。
  12. VIを実行メソッドのVIリファレンス出力をWhileループを通して「リファレンスを閉じる」関数のリファレンス入力に配線します。

    サブパネル制御器のフロントパネルをロードするサンプルについては、以下のブロックダイアグラムを参照してください。

  13. ブロックダイアグラムですべてのエラー入力端子およびエラー出力端子を配線します

また、サブパネルプロパティおよびメソッドを使用して、サブパネル制御器をプログラム的に変更することもできます。

サブパネル制御器を使用するサンプルについては、labview\examples\Controls and Indicators\Containers\Containers.lvprojを参照してください。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった