画面の解像度に合わせてウィンドウの比率を維持する



LabVIEW 2018ヘルプ


発行年月: 2018年3月
製品番号: 371361R-0112
製品情報を参照

ダウンロード (Windowsのみ)


LabVIEW 2016ヘルプ
LabVIEW 2017ヘルプ
LabVIEW 2018ヘルプ
LabVIEW 2019ヘルプ
LabVIEW 2020ヘルプ

LabVIEWは、モニタの解像度を基準にフロントパネルウィンドウの比率を維持できます。ウィンドウの比率を維持するようにVIを設定した場合、フロントパネルウィンドウが使用する画面の割合は、ユーザの画面の解像度に関係なく一定です。

以下の手順に従って、画面の解像度を基準にしたフロントパネルウィンドウの比率を維持します。

  1. ファイル→VIプロパティを選択して、VIプロパティダイアログボックスを表示します。
  2. VIプロパティダイアログボックスの一番上にあるカテゴリプルダウンメニューから、ウィンドウサイズを選択します。
  3. 様々なモニタの解像度でウィンドウ比率を維持チェックボックスにチェックマークを付けます。
  4. OKボタンをクリックして変更内容を保存します。

このオプションを選択すると、ウィンドウの比率のみが維持されます。フロントパネルオブジェクトの比率を維持するには、ウィンドウのサイズ変更とともにパネル上のすべてのオブジェクトをスケールチェックボックスにもチェックマークを付ける必要があります。

ウィンドウ比を保持するプロパティを使用して、モニタの解像度を基準にしたフロントパネルウィンドウの比率をプログラム的に維持することもできます。



この記事は役に立ちましたか。

役に立たなかった